周防大島町と世羅町の選挙結果

[ 2020年10月26日(月) ]

この二つの町の選挙結果がどうしたと思われるでしょうが、世代交代が確実に進行しているということが見て取れる選挙結果となっています。周防大島町は、定数14名で6名の新人が当選しました。6名中4名が40代です。無投票だった新町長は46歳です。

世羅町の場合は、定数12名で5名の新人が当選しました。5名は、40代1名、50代2名、60代2名です。無投票だった町長は57歳です。実は、この二つの町の世帯数と人口はほぼ同じと言っても良いくらいで、周防大島町の人口は14842人、世帯数は7084です。一方の世羅町の人口は15807人、世帯数6868です。面積とか言いだすと、周防大島町の周りは海ですからね。

二つの町に共通するのは、他の市町と同じ様な町お輿ではなく特徴ある町お輿の取組をされていると私は思います。周防大島町は積極的な移住者の受け入れによる町の活性化(観光)と、一旦は島外に出た若者が島に帰って来る教育の実践。世羅町は世羅台地一体に展開する果樹、花き、水稲、畑作等の大規模経営による第一次産業の活性化。

二つの町を端的に表すキーワードは、「恵まれた自然環境」ではないでしょうか。周防大島はかつては、甘藷や大島みかんの栽培が一大産業でした。世羅町は国策による大規模農業団地開発で生まれ変わりました。ブログを書きながら考えているのですが、この二つの町の規模が町お輿には丁度いいのかもしれません。

かつてお隣の奥出雲町を訪ねた時、当時の岩田一郎町長が、「仁多と横田が一緒になって奥出雲町になったが、町づくりの適正規模だ」とおっしゃったことを思い出しました。奥出雲町の現在の人口は13000人です。

UFOです!

[ 2020年10月25日(日) ]

昨夜、何気なく空を眺めると、実はこの前も同じ様な感じのものが見えたところに、少し震えている様な明るいものがありました。急いで家内に、「携帯を持ってきて」とドアフォンで伝え、携帯を持ってきた家内に、「この前と同じ様じゃ」と言うと、「そうじゃね」と彼女も驚いた様子でした。

携帯で撮影して直ぐにFacebookにアップしたのですが(映像はFacebook部分をクリックすると見れます)、撮影しながら少し怖くなってきました。この前は偶然に見つけた少し動くものだったのですが、家内と2人で眺めていたらスーッと消えていきました。ですので、人工衛星だろうと思ったのですが、昨夜のものは間違いなく移動を繰り返す物体でした。

私はUFOが見えるかなと期待しながら良く星空を眺めるのですが、飛行機であったり人口衛星であったりと、UFOらしきものとの遭遇はありませんでした。それが、ついに昨夜はUFO以外には考えられない物体を見て、更に撮影したのです。先ほど姉が来たので、「UFOじゃ」と言って映像を見せたところ、「えっと人にいいんさんな、馬鹿にされるで」と言われてしまいました。

皆さんの中にUFO研究家はいらっしゃいませんか?できたら高野誠鮮さんに見て貰いたいと思いますが、彼のFacebookに送ってみましょう。高野さんは有名なUFO研究家ですので、ひょっとしたら、「これは間違いなくUFOです」ってことにならないかなと夢見心地です。私にはどうしてもあの物体はUFOとしか思えないのです。

今日は「のぼり旗」を注文

[ 2020年10月24日(土) ]

街宣車もかなり仕上がってきていますが、今日は「地域政党きずな庄原」ののぼり旗をネットで注文しました。昨日、見積書を貰ったのですが思いの外、安価(内緒)でビックリしました。それにしてもこの前のマグネットシートもそうですが、全てネットで完結ですから、こういう時代なんでしょうね。

その昔は、看板屋が筆で看板を書いていましたが、そんな職人は殆どいらっしゃらないのではないでしょうか。今は、パソコンで原稿があればスキャンしプリンターで打ち出せば出来上がりです。字体も太さも色だって自由自在です。デジカメで撮影した風景でもそっくり印刷できる時代です。

実は、のぼり旗は消耗品なんです。街宣車に積んで現場に行き組み立てて演説し、終わり次第、片づけて次の場所へと移動しますので、結構、短期間で汚れたり破れたりします。まあ、その程度のものなんですけどね。よく飲食店などが「汁なし担々麵」なんてのぼりを立てていますが、色々な業種に対応した規格品が多数用意されています。

私は何でも形から入るタイプですので、恰好にこだわります。街宣車は中古ではありますが、ブルーメタリックの可愛い軽四の屋根にスピーカーと「地域政党きずな庄原」の看板がつきます。ええ年とった親父ですが、初めてプラモデルを買ってもらった時のワクワク感が思い出されます。

石破さんは潰された

[ 2020年10月23日(金) ]

昨日の石破派の臨時総会で、「総裁選の結果について責任をとりたい」と会派の会長を辞めましたが、思いは複雑みたいです。過去何度の総裁選を戦ったのか忘れましたが、弱小派閥を率いて良く頑張ってこられたと思います。

派閥には属さないと言いながら、総裁選は派閥がないと戦えないとの思いから批判もありましたが石破派を結成されましたが、政策集団的な色彩が強かったですね。そして、ハッキリとものをいうタイプですから敵も多かったことは事実ですが、反面、庶民的な人で民放のテレビ番組にも良く出演されています。結論から言うと、国会では嫌われ世間では好かれということですかね。

安倍さんは恐らく、石破さんはあまり好きなタイプの政治家ではなかったと思われます。今回の総裁選で石破さんの息の根を止めたかったとまでは言いませんが、岸田さんに票を回してまでして石破さんを最下位にしてさらし者扱いにしたのではないでしょうか。石破さんは、このままでは派は分裂する可能性があると判断し、もう総裁選には出ません、菅政権を支えますとアピールしたとみます。

政治の世界では、一寸先は闇と良く言われますが、既に他の派閥から、「どうぞおいでください」とラブコールが始まっているそうです。私は菅さんと一定の距離を保って頑張って欲しいと思いますが、寄らば大樹の蔭と離反する議員もでるのかも知れません。意外と知られていませんが、石破さんは農林業に非常に明るい政治家です。

有望な政治家でも権力闘争に敗れたら下野するしかないのが残念です。

悩みは尽きぬ

[ 2020年10月22日(木) ]

来年の市議会議員選挙と市長選挙は既に始まっていることは以前のブログにも書きましたが、「地域政党きずな庄原」で公募することにしていますが、何人の人が手をあげてくれるやら蓋を開けてみないと分かりません。

思ったよりも多くの人が手をあげたらどうしよかと思っているのも事実ですし、誰もいなかったということも考えられますので、確実に候補者を擁立するには個別に当たるのが一番となります。既にリーフレットを作って動き始めている人もあります。選挙区は庄原市一円ですが、生まれ育った地域がやはり地盤となりますので、先に動き始めた人が有利になります。

現職議員が早く早くに歩き始めたのでは、「そんなに自信がないの」って思われるのも嫌ですので、困ったものです。それにコロナ騒動ですので、選挙運動そのもののやり方が変わってきています。握手禁止も言われています。電話作戦も、「オレオレ詐欺」の影響で、知らない番号には出ない人が多いです。我が家でも留守電にしていますからね。

だったら、ネットですねと思われるかも知れませんが、ネットはネットです。ZOOMでの会議が今はもてはやされていますが、以前も大手企業ではテレビ電話会議が採用されたいた時期がありましたが、生の会議にはかないません。雑誌の受け売りですが、「なあ、そうだよな」って隣の人の肩を叩くとか、遠方に座る人にアイコンタクトなんてできません。

所帯が大きくなれば仕事も増えます。そして、悩みも増えていきますが、へこたれる訳にはいきません。
持続可能な庄原市になるために今を耕し明日へ向かう ~先人からのバトンを未来(あなた)へ~