人口減少社会とどう向き合う

[ 2020年8月7日(金) ]

昨日の新聞に、「人口減 初の50万人超」、「11年連続減少」との大見出し。総務省が5日、住民基本台帳に基づく今年1月1日現在の日本人の人口を発表し、日本人は1憶2427万1318人となり、減少幅は1968年の調査開始以降、最大となりました。

日本は、少子高齢化と人口減少問題を同時に考えなければならない唯一の先進国だそうです。国連の人口減少予測によると、2060年の日本の人口は86,737千人で増減率-32.1%という世界でも類もみない人口減少となるそうです。ちなみにアメリカは+25.2%の予測です。高齢者を支える現役世代が減少すると、一体どうなるか想像してみてください。

今でも少ない年金があらゆる理由をつけて支給開始年齢を先延ばしにしていきます。一部の大手企業を除けば中小零細企業ですから、働き手がいなくなれば事業の更なる縮小、やがて事業整理となると予想されます。そして気が付けば、発展途上国と呼ばれた国よりもランクが下がるという論文もあるみたいです。

ただ、救いがあるのは、日本の労働者の質は世界第4位です。ですから、生産性を高めることができるはずです。商品をいかに安く作るかよりも作るものの品質や価値を高める戦略に転換し、「よりよいものをより高く」することです。こうすれば、デフレから脱却できるかも知れません。そうしないと所得も上がらず社会保障制度も維持できなくなります。

いいものを安くつくる競争に決別する時が今です。あなたは、日本がデフレであることを忘れていませんか。

相撲の世界も様変わり

[ 2020年8月6日(木) ]

阿炎関が相撲協会の通達を破り接待を伴う夜の街に出かけていた問題で協会に辞表を提出したそうですが、受理されず今日の役員会で結論が出るらしいが、引退は必至とみられています。また、式秀部屋の力士9名が集団脱走したという報道もあります。

照ノ富士関の奇跡の復活優勝で沸いた大相撲ですが、その陰で、阿炎関が仲間の力士たちとキャバクラに通っていたことが判明し、錣山親方が頭に来て場所途中で休場させました。何かとお騒がせ力士だった阿炎関ですが今度ばかりは、ことが事だけに相撲を続けることは無理でしょう。かつては、厳しい指導が当たり前だった大相撲も規律が緩んできたのでしょうか。

式秀部屋の集団脱走もバカバカしいと言えばそうですが、休養中の親方の代わりを女将さんが頑張りすぎたのが原因みたいですが、親方に代わる部屋頭っていなかったのでしょうか。それにしても、お粗末なお話です。大相撲も今回のコロナ騒動だけでなく力士の育成については従来のやり方では通用しなくなってきているみたいですね。

巨人・大鵬・卵焼きで育った世代ですから、相撲は子供の時からとっていましたが、こんな不祥事があった記憶はありません。かつて、相撲取りは子供たちに夢を与える存在であったと思いますが、今では芸能人になったのかも知れません。こんな状態が続けば、公益財団法人を名乗ることも難しくなってくるのではないでしょうか。

地方議員は必要か part 2

[ 2020年8月5日(水) ]

昨日の続きですが、地方議員の抱える問題が次々に明らかにされています。その中で、「そうだよね」って感じたのは、議員のなり手不足問題です。本人は結構頑張って議員活動をしていると思ってても、「役立たず」と思われていることが多いみたいです。

最初の動機は色々でしょうが、家族に反対され、仕事を辞めてまで立候補し、何とか当選してみたら理想と現実は大きく違っていることに先ず、ショックを受けるみたいです。議会という独特の世界に戸惑いながら分かった顔をしながら議員を続けた結果は、55%の議員が、「議員は長く続けたくない」と回答しています。

更に、「生まれ変わっても議員になりたいか」との問いに、実に69%の議員が、「そう思わない」と回答しています。理想と現実のギャップというか、議員になれば何かが変わる、何かが変えられると思っていたが、執行者はあまりにも強かった。では、議員を辞めようかと思ったら、勝手に辞めることは相成らんとなり後継者も見つからず、採決要員議員と馬鹿にされ。

しかし、女性議員は男性議員とは違った意味で戦っておられます。今は殆ど使われなくなった言葉、「男尊女卑」との戦いです。「女のくせに」という言葉です。女性議員でないとできなかったことが実現してきています。授乳室や育児室が完備された議会も出現しています。若いママさんの傍聴も増えたみたいです。

最大の課題は、人口規模が違う、都会と田舎、面積が違ってても、同じ法律で一括りの「自治」。おかしいと思いませんか。

地方議員は必要か

[ 2020年8月4日(火) ]

仲の良い高梁市の宮田議員が彼のブログに「地方議員は必要か」という文庫本を紹介していたので私も購入してみました。NHKスペシャル取材班 3万2千人の大アンケートと表紙に書かれていますが、私もアンケートに答えた一人です。

今、半分ほど読んだのですが、大雑把な言い方をすれば、執行者にコケにされている議員というか、強大な力を独占する首長には議員個々は無力ということがアンケートから読み解くことができると書かれています。確かに議員一人で頑張ってみても、職員集団を抱える首長とは喧嘩になりません。議会は邪魔くさい存在でしかないのでしょう。

今回の県民の森の指定管理者である比婆の森が自己破産申請した件でもそうですが、議会に対して情報提供はなく、11日の議員全員協議会で説明があるだけです。ましてや私は企画建設常任委員会の委員長ですが、誰も何も言って来もしない。「地方議員は必要か」、正にその通りと言えます。「お前に言っても何も変わらんじゃろう」と思っているのかも知れません。

「かんぽの郷庄原」の経営問題でも執行者から議会に説明があったのは昨年12月の議員全員協議会の1回だけです。その後、議会だよりに詳しく報告している通り、常任委員会で積極関与し、現在も積極支援しています。執行者だけが情報を持っていても動かなければどうにもなりません。執行者と議会は車の両輪と言われていますが、今の庄原市は一輪車です。

試される世界

[ 2020年8月3日(月) ]

大相撲は照ノ富士が、「諦めない」という言葉を超えるパワーで優勝しましたが、千秋楽でチケットが売れ残るという信じれない事態も発生しました。聞けば、平日もチケットが売れ残っていたそうです。

これまでのやり方では開催できない相撲やプロ野球等ですが、感染者が確認されたらその都度試合を中止していては、迷惑を被るのはファンです。国もお盆の帰省を規制する発言があったり、その発言を打ち消したり、正に右往左往状態です。挙句の果てに、都道府県が独自判断でコロナ対策を実施したりと、これでガバナンスは大丈夫なんでしょうか。

ということから、一党独裁支配の中国の強みが発揮されます。世界が何と言おうが、香港を見れば分る通り、トップが決めたことは絶対です。都合が悪いことは隠蔽し、文句を言う人間は闇に葬り、兎に角、戦争に備えるのです。しかし、国内は豪雨で大災害が発生し各地でインフラがズタズタ状態みたいです。どれほど強大な権力を持っても、自然には逆らえません。

コロナの封じ込めに成功したと言われていたベトナムやオーストラリアで第2派が発生しています。昨日のブログにも書きましたが、ウィルスが変異することと、人々が移動することで感染経路不明の感染が拡大しています。ロシアがワクチン開発に成功したという記事もありますが、怖くて誰も接種しないかも知れません。

こんな時に本気で戦争を考えている輩がいると思うと悲しくなります。彼らは「今こそチャンス」と本気で信じているのです。