人口問題を考える(地域包括ケア)

[ 2021年7月29日(木) ]

私たちの会派ではこれまで地域包括ケアの先進事例を求めて全国各地に視察研修に行かせていただきました。そして、執行機関に対して各種提案(政策提言)を行ってきましたが、残念ながら、「庄原でもやってみましょう」とはなっていません。

千葉県柏市、東京都武蔵野市、富山県富山市、福井県名田庄、岡山県高梁市は、それぞれの地域にマッチしたやり方で地域包括ケアを運営されています。地域包括ケアシステムとは、住まい・医療・介護・予防・生活支援を一体的に提供することにより、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるようにすることをいいます。

庄原市のお手本としてお勧めは、福井県名田庄診療所と岡山県高梁市川上診療所です。紙面の関係で詳細は割愛させていただきますが、名田庄診療所の中村医師川上診療所の菅原医師は、「医療・福祉」をまちづくりの中心に据えなければならないという明確なビジョンを持っておられ、行政と切磋琢磨しながら日々活動されています。

中村医師、菅原医師とは複数回に亘り腹を割って、医療・福祉について議論してきています。執行機関は直ぐに、「小さな自治体の診療所の事例ですから」と一蹴するでしょうが、両医師は全国区で講演されており、名田庄方式、川上方式として有名です。今回紹介した5市町は、在宅介護、看取り等の取り組みも素晴らしい成果をあげておられます。

真似ただけでは庄原市には展開できないだろうと思われるかも知れませんが、西城市民病院の包括ケアの取り組みは、西城方式として広島県内では知られています。西城病院が最初に研修に行かれたのは、福井県名田庄診療所だったそうです。県下ワースト1の27無医地区を抱える庄原市こそ直ぐにでも取り組む具体的政策は地域包括ケアと考えます。

安心して暮らせる庄原市の住民で良かったと思える、医療・福祉のまちづくりをしなければなりません。そうでないと、住民は住みやすいと感じる場所に移動していきます。

人口問題を考える

[ 2021年7月28日(水) ]

「他所の市町の人口も減っているのだから仕方ない」と諦めたらどうなると思いますか。答えは、誰も住まない庄原市になります。「貧しいながらも楽しい我が家」という戦前のキャッチフレーズがありますが、そうはならない現実があります。

昨日、「庄原の人口問題をとことん考える民会会議ひと部会」の山内部会長と人口問題について意見交換したのですが、庄原市の対前年人口減少率が令和3年3月31日の集計で初めて2%を超える2.16%、減少数も745人となり過去最大を記録しました。このままの減少率で推移すれば、近い将来、3万人を割るのではないでしょうか?人口が減ると何が困ると思われますか?

市税・交付税の減収により庄原市の財政が益々厳しくなっていきます。地方交付税でみると、平成22年度は177億円でしたが、令和3年度は135億円となっています。皆さんの家庭で考えてみて下さい。収入が減っても従来通りの生活ができますか?貯蓄がある家庭は貯蓄を崩せば当座は何とか凌げますが、いつまでもは無理ですよね。

「貧すれば鈍する」という言葉がありますが、役所が役に立たないところになっていきます。これを負のスパイラルに陥るといいます。京都市が下手すると財政再建団体にというお話がありますが、税収が増えないのに住民サービスは減らさずに増やした結果です。観光客は安いツアー客ばかりでお金が落ちないのに地下鉄を無理して作ったりしました。

庄原市は合併前と同じ仕組みを多く残していますが、これからも同じ様にやっていけるでしょうか。人口減少、少子高齢化、限界集落、消滅集落と言葉は先行していますが、皆さんも実態から目を背けてはいけません。暫く、人口問題を書いてみようと思います。

多くの懐かしいお顔に出会う

[ 2021年7月27日(火) ]

地元の神社の総代長をしている関係から、「令和3年度 庄原神社総代連合会 評議員会」に出席してきました。昨年も出席しましたが、今年は多くの神社で役員交代があり、どうした具合か、多くの知り合いが評議員になって来られていました。

どういった経緯で庄原神社総代連合会が結成されているのか知らないのですが、庄原市内と口和町内にある50の神社から構成されています。ですから、50人の評議員がおり、その評議員の中から連合会役員が選出されるという仕組みですが、会長・副会長・理事・監事の全役員9名が全て知り合いという、私の知り合いは神道の造詣が深い者ばかりなんでしょうか。

私の後援会長が副会長ですが、「お寺さんに比べ神社の護持は大変ですが」的な閉会の挨拶をされましたが、1人の神官で複数の神社のまつりを行っておられることは良くある話で、その祭祀料で生活することは全く無理と言えます。ですから、大抵の神職の方々は、別に勤めを持たれておられますが、仕方ないというより、良く頑張って下さっています。

50の神社と書きましたが、正にピンキリです。社務所を備えて神官が常駐している神社は皆無と思いますが、これが神社?という建物があるのも事実です。氏子がいなければ神社は維持できません。我が地元の王子神社は17戸の氏子で維持管理していますが、集会所的に活用していますので、17戸の毎月の積立金から維持費を出しています。

今日は神社のことを少しだけ書きましたが、実はお寺さんも過疎化により大変なところもあるそうです。昔だったら、氏子や檀家が勧進して整っていたのでしょうが、今はそんな時代ではなくなってきています。

またしてもクタクタ

[ 2021年7月26日(月) ]

昨日は私たちの集落に張り巡らしている電気牧柵の維持管理作業でした。午前7時から作業を始め、終了したのは11時過ぎという超ハードなものとなりました。維持管理は想像以上に大変です。

大変ですと書きながら言うのも変ですが、始まったばかりで手探り状態なんです。地球温暖化の影響でゲリラ豪雨があったり、猛烈な暑さがあったりで雑草等の成長は異常ともいえます。刈っても刈っても直ぐに伸びる草に誰もが悲鳴を上げているのも事実ですが、負ける訳にはいきませんので、ひたすら草刈をするのです。

電気牧柵の維持管理を集落一丸となってやることにしていますので、農家も非農家も出来ることは協力して行います。昨日は農家による草刈と除草剤散布作業がメインでしたが、ぶっ倒れると言った人間が2名おりました。1人作業なら自分のペースでできますが、共同作業は迷惑をかけたらいけないという思いから、ついついオーバーペースになってしまいます。

来月は市道の草刈を全戸で行いますが、併せて非農家の方々にも自宅周りの電気牧柵への除草剤散布をお願いすることにしています。集落を完全に電柵で囲うことはできませんし、県道を歩いてやってくるイノシシも存在しますので、二重に電柵をしている場所も結構あります。ということで、水利組合から非農家の方々に根まで枯れない除草剤500ml 1本を無償提供します。

次に計画しているのは整備したバッファゾーンに特別な木を植えることです。何が特別かというと、長期作戦ですが、稼げる木を植えます。次世代に誇れる故郷を残すためにクタクタになりながら頑張ります。

クタクタです

[ 2021年7月24日(土) ]

家の周りの刈り投げにしていた草が連日の猛暑で乾燥したので集めて焼きました。暑い中、火をつけて焼く訳ですから猛烈に暑いのですが、草刈後の景色とは別物の眺めが気持ちいいですね。

田舎に暮らす人に、「何が大変ですか」と聞けば、大抵の人が、「草刈です」と答えるでしょう。私が子供の頃はどの家も黒牛を飼っていましたから草は競争の様にして刈っていましたから本当にキレイな田園風景でした。やわらかい畔草は餌にして与え、堅い山草などは牛小屋に敷いて貴重な堆肥としていました。正に自然農法を実践していたのです。

ところが、耕運機の出現により黒牛を飼う必要がなくなりました。農耕で牛を操るには熟練した技術が必要でしたが、耕運機は一定の体力があれば誰でも操作できます。ということで、段々と草は邪魔者になっていきました。今ではスイングモアで刈りますので、良好な堆肥の素を撒き散らし次の草が育つということになっています。

明日は早朝から地域の共同作業で電気牧柵の周りの草刈とその一帯への除草剤散布を行います。私たち農家はなるべくなら除草剤は使わない様に心がけていますが、山と隣接する場所は草刈り機ではどうにも歯が立たない程の笹などが茂っており、除草剤を散布して枯らす方法をとっています。私たちは、環境維持のための補助金を僅かですが貰っています。

作業後に皆でいつも、「あと何年できるじゃろうか」と言っていますが、担い手がどんどん減ってきているのが現実です。14軒の農家だったものが今では自作農が8軒となっていますが、面積は変わっていません。