明日から東京です

[ 2022年5月18日(水) ]

明日から一橋大学で「自治創造学会」が開催されますので、会派で参加します。何と庄原市議会から13名の議員が参加するそうですので、会場では一大勢力となりますね。お隣の三次市議会からは友好会派の5名が参加です。

コロナ禍で2年間はZoomでの開催だったのですが、今年は会場を明治大学から一橋大学に移しての開催となります。詳しい内容は「自治創造学会」←検索で調べていただきたいのですが、今回の目玉講師は、デジタル大臣の牧島かれんさんですので、どんなお話が聞けるかと非常に楽しみにしています。デジタル庁を作れば良いということではない筈ですから。

彼女は、5月6日から11日にかけて、エストニア共和国、フィンランド共和国、ドイツ連邦共和国を訪問し、G7デジタル大臣会合に出席していますので、話題はてんこ盛りかとも思います。こういった旬のお話が聞けるということでは江戸に行かないと無理みたいです。問題は、そのお話をどう活かすかということになるのですが、猫に小判かも?

明日は6時出発ですから今日の巨人戦は完封でお願いします。間違っても延長戦はダメですよ。栗林はコンディション不良だそうですからね。

山の中を自転車で走る

[ 2022年5月17日(火) ]

この前、道後山で自転車がパンクした件ですが、何と何と、後輪2ヵ所、前輪2ヵ所がパンクしていました。西城から三次の自転車屋に直行したとろと、「タイヤ自体が破れている可能性もあるので預からせて下さい」となっていましたが、まさかです。

お蔭でタイヤ自体に亀裂等は無かったのですが、先ず後輪のパンク修理をして一晩置くと、空気が抜けている。前輪は持って行った時には空気があったのですが、翌朝は空気が抜けておりパンク修理して様子をみる。またしても空気が抜けている。ということで、合計4ヵ所のパンク修理となったそうです。細い木が刺さっていたそうですが、自転車屋さんも初の経験とか。

実は、現地でe-MTBの可能性を探るというか、道後山を実際にe-MTBで走る企画話が動いています。まだまだ絵にもなっていないのですが、広島駅から自転車を分解せずに客車に載せて道後山駅まで人間と一緒に運ぶというアイデアです。そんな考えは誰でもしますが、コロンブスの卵となるか?今は内緒です。

自転車好きな人たちの課題は自転車をどうやって目的地に運ぶかにあります。大抵は、分解して輪行バックに納めて公共交通に載せての移動が多いみたいですが、私たちは、人と自転車を同じ列車に乗せることにこだわっています。e-MTBは重量がありますので分解して輪行バッグに入れて肩に担いでとはなりません。私は前輪を外して車に載せて移動しています。

そこまでして山の中を走るのは何故かと問われたならば、正に「非日常」が体験できるからです。皆さんは未舗装路を自転車で走ったことはありますか?私が子供の頃は自転車で転倒しては傷口に赤チンを塗っていたものです。子供用自転車なんてありませんから大人用の自転車を三角乗りしていました。分かるかな?

円安は日本の国力を削ぐ?

[ 2022年5月16日(月) ]

1ドル130円前後で推移していますが、輸入品がジワリジワリと値上がりしてきています。マツダは円安のお蔭で1000億円の黒字と報道されていますし、トヨタにおいては2兆円超えとか?しかし、市民生活は苦しくなるばかりです。

30年から続いているデフレ経済に慣れてしまい、給料が上がらないが物価も安定しているから、「これでいいのだ」と島国鎖国日本の国民は江戸の町民の如くと表現するのが適当であったのだが、ここにきて強烈な外圧が働き始めている。日本国の食糧はその殆どが輸入に頼っている訳で、その内、パン食が続けられなく可能性も出てくるかもである。

お茶碗1杯のご飯がいくらか存知ですか?盛りにもよりますが、26円(10㎏4000円のお米)だそうです。主食のお米はほぼ100%の自給率ですが、私も大好きなお肉ですが、自給率は49%です。肉の調理方法は色々ありますが、豚カツの場合、薄力粉、サラダ油、パン粉、揚げ油が必要になります。それぞれの自給率を調べられると愕然とされると思います。

アベノミクスで国債をじゃぶじゃぶと日銀に買わせました。超低金利が続いていますが、国内景気は一向に上向きません。大企業にしか恩恵がない政策だからです。国民の生活はドンドン苦しくなっているのに訳の分からない給付金等をばら撒いて誤魔化されていることに気づかない?国民。岸田さんも同じ轍を踏むみたいで、輪転機を回し続けるのでしょうか。

それにしても日本国民は我慢強いですね。1000兆円を超える借金があっても平気ですが、その殆どは赤字国債です。日本円に魅力がなくなると(儲けられない)顧客は直ぐにドル買いに走ります。私は経済アナリストではありませんが、この物価高は当分続くと思っています。そろそろ、黒船がやってくるかも?

今日の日赤は満員御礼

[ 2022年5月13日(金) ]

今日はいつもの庄原赤十字病院の定期診療日ですが、採血を済ませて家に帰ってきています。どういうことか、内科が11時30分から循環器が12時からという予約になっていたのです。私は予約時間が間違っていると思っていたら本当でした。

採血の時に看護師さんに、「今日は多いね」というと、「そうですね」と応えてくれた様に、久々に患者が多かったです。診察する先生によって増減があるのは間違いありませんが、なるべく平準化して欲しいですね。ということは、どうしろと?つまらんことを書いていたらもう少しで11時になりますので、再度、日赤に出掛けましょう。

お蔭で、次の予定もありますので、昼食は日赤の食堂でとることにします。開いているのかな?午後からは遠征します。帰りは明日の朝です。

久々に雨です

[ 2022年5月12日(木) ]

昔だったら雨が降ると一斉に代掻きが始まっていましたが、今は代掻きする人は誰もいません。営農集団や法人は別として、個人の農家は殆どが土日百姓ですからね。昔は水路も素掘りですから溜池の水が中々田圃まで来なかったこともあります。

要は、水が勿体ないからなんです。正に天の恵みの雨が何もしなかったら流れてすたります。稲作は水がないと成り立ちませんので、水は生命線とも言えます。今では有り得ない、「水喧嘩」もありました。我家の田圃に水を入れていると、堰いているところを外して水が持って行かれることもしばしばでした。信じれないかも知れませんが、水路にマムシを放していたとか。

今は水路もコンクリート製の構造物が入っていますので漏水も殆ど無くなり田圃に水を入れる(充てる)のも短時間でできる様になりました。機械も大型トラクターとなり代掻きも昔の様に人が道具を使って均一にするという作業もなくなりました。しかし、モグラが畔に穴を開けて水が漏ることが往々にありますので、近頃では畔塗り機が活躍しているみたいです。

私は先週、営農集団の苗運びにでましたが、昔は各農家がそれぞれ自分たちで苗を育てていました。私も相当な期間、育苗していましたので、作業工程は今でも覚えています。今は殆ど農協の育苗センターで購入されるみたいですが、1箱700円以上みたいですが、苗代は上がる一方で、米価は下がる一方ですね。

昔の農作業の話をしても理解できない人が殆どとなっていますが、今の農業は機械化により機械が中心の農業になりました。私は牛で荒起こしとか代掻きとかは知りませんが、子供であっても貴重な戦力でしたら、家族労働していた記憶はあります。懐かしですね。