主査報告

[ 2022年9月28日(水) ]

本日は予算決算常任委員会が開催され、教育民生分科会の主査報告を行いました。あれもこれもと報告内容が増えてしまい、最終的には14ページとなりました。マスクをして報告書を朗読した訳ですが、途中で「苦しい」と言いそうになりました。

普通のペースで朗読すれば優に20分はかかりそうだったので、少し早口で読みましたが、それでも15分かかりました。簡単に纏めても構わないのですが、報告後の質疑で報告しなかった案件について聞かれるのも嫌なので、出来るだけ書き込むようになってしまいました。しかし聞いている議員や執行機関の職員さんにはどう映ったか、気になるところです。

問題は、この報告内容が新年度の予算や事業に反映されるかですが、財政的に余裕がないのが実情で、大きく見直しということには中々なりません。ですから、政策変更がない限り、昔の名前で出ていますという感じです。各種団体への補助金等も精査しますが、「事業効果はあったか」と問えば、「ありました」という答弁となります。

今回の報告で強く申し上げたのは、「僻地診療問題」、「生活交通問題」、「教育環境の格差是正問題」の3点です。残念ながら無医地区が増えています。空気を運んでいると言っても良い生活交通路線。教育予算があまりにも少ない現実。「医療・福祉・教育」の3点セットの充実が生命線(礎)と申し上げ、報告を終えました。

新年度予算や事業と書きましたが、政府の令和5年度の概算要求も既に出揃っており、市町村から県へ、県から国へと要求は上がっていますので、政府主導の新規事業は別として、ほぼ前例踏襲的な予算となります。自主財源が非常に乏しい庄原市の場合、選択と集中を徹底しない限り、目に見える成果は出にくいのが現実だと私は思います。

昨夜は「きずなカフェ」

[ 2022年9月27日(火) ]

毎月定例の「きずなカフェ」を、昨夜は山内自治振興センターで開催しました。今回は、地域政党きずな庄原と異業種交流グループ4C倶楽部、山内てごぉし隊、3者のコラボ企画となりました。

実は私がメンバーでもある異業種交流Gの例会は毎月第3月曜日なのですが、19日が祭日だったために第4月曜日の26日が例会となりました。そして「きずなカフェ」は毎月第4月曜日開催となっていますので、ダブルブッキング状態となったという訳です。丁度、私が異業種の当番だったので、無理を言って「きずなカフェ」と合体させてもらいました。

そして、「きずなカフェ」の当番が山内の國利議員だったので、移住定住をテーマにカフェを開催となりました。山内に移住定住された2名のゲストさんと地域マネジャー2名、そして、振興区長と副区長を囲んで、異業種G11名、きずな4名の21名とかなりの大人数でしたが、コーヒーを飲みながらざっくばらんな意見交換会となりました。

そのお話合いから、「山内てごぉし隊」という地域のボランティア組織が移住定住の要であることが理解できました。区長さんや地域マネジャーが頑張っても兵隊がいなければ空家の片づけはできません。つまり、地域内にある空き家と移住希望者のお見合いがスタートラインで、お見合いが成立すると、「てごぉし隊」の出動となります。

そのユニークさは、老若男女問わず隊員だということです。そして、小学生だって立派な隊員であり、親善大使にもなります。移住する家族も当然、一緒に片づける訳ですから一体感が生まれてくるので、一種、同志となるみたいです。これまで4年間で、16組54名が移住されており、その内子供が27名だそうです。

「てごぉし隊」の活動を通して山内は確実に進化しています。各地に「てごぉし隊」が出来てきたら、凄いことが起きる予感がします。暫く山内から目が離せません。

一般質問終わりました

[ 2022年9月26日(月) ]

昨日の地域の共同作業で体はガタガタです。7時から溜池の土手の草刈をして9時から宮掃除でした。そして終わると、電気牧柵のメインテナンス作業。草刈と除草剤散布作業をして終わったのが12時前でした。

シャワーを浴びて昼食を取り、暫く野球を観ていましたが、巨人が負けると確信したので観戦を中止して、作業で使った農機具の片付けをしました。我家のトップカーに動力噴霧器、薬剤タンクやホース類をセットしているので、準備と片付けは私の仕事となります。最初の頃は、載せたり降ろしたりしていたのですが、邪魔くさいので専用車になりました。

昨夜は足を中心に湿布を貼りまくって寝たのですが、今朝は起きるのもやっとという状態でした。昨日は背負いの草刈を使いましたので、腕から肩にかけて想像以上に痛んでいました。今朝、議会に行くと、「何をしたんですか」と言われてしまいました。歩く姿は、まさにお爺さんそのもので、将来の自分の姿もこうなのかなと思ったりしました。

ところで今日の一般質問ですが、週をまたいでだったので、終わった感のする盛り上がりに欠けたものと感じました。勝手にこんなことを書いている私ですが、やはり一般質問は3日連続でやるべきだと思います。今日はこれから、地域政党きずな庄原議員団と異業種交流グループ4C倶楽部、そしてある住民団体との意見交換会を実施します。

最初は、「きずなカフェ」をやる予定だったのですが、話がドンドン膨らんでいき、いっそのこと3者でやるかとなったのです。住民の皆さん、我々と意見交換をしませんか?庄原市の将来についてとか、子育てについてとか、自由闊達にやりましょう。連絡は私の携帯、09089972881にお願いします。

一般質問 いろいろ

[ 2022年9月21日(水) ]

今日は一般質問初日で4名の議員が登壇して執行機関を質しました。タイトルに書いた通り、「一般質問 いろいろ」←clickで、議員の個性がでていているなと一人頷きました。その中で、前田智永議員の質問はしっかりした組立となっていました。

彼女は私たちが企画した「第6回 中山間地域の諸課題解決セミナー」に参加し、「とても勉強になりました」と喜んでいましたが、今日は派手さはありませんでしたが、確実に相手を追い詰めていました。自分でも頑張って勉強しましたと言っていましたが、恐らくネットの検索サイトを駆使して事実を積み上げたのだと思います。

質問力を高めるという研修だった訳ですらから、彼女は確実に成果を出しました。いよいよ明日は、地域政党きずな庄原議員団4名の一般質問です。何度も書きますが、相手があっての一般質問となりますので、どうなりますやら、乞うご期待!明日の1番手は國利議員ですが、街頭演説でも良く話している「人口減少問題」で切り込みます。

2番手は私ですが、「発達障害」と「生活交通対策」について質します。3番手は、徳永議員で、「JR芸備線の存続」、「比婆牛ブランドの現状と今後の方針」について。最後は、五島議員が、「これからの学校における部活動のあり方」、「ICT教育の現状と課題、今後の展望」について教育委員会を質しますが、彼の得意分野です。

出来たら市役所5階の本会議場で傍聴していただきたいところですが、時間的に難しいという皆さんにはYouTubeでライブ配信されていますので、パソコンやスマホで視聴下さい。開始時間は、午前10時からです。

準備完了

[ 2022年9月20日(火) ]

自分が思い描いている質問になるかどうかは別として、準備はできました。今回は政策的な質問となる予定ですので、聞いている人には退屈なものとなるでしょうが、発達障害問題と生活交通問題について質します。

今回は9月22日に「地域政党きずな庄原議員団」の4名が午前10時から連続して執行機関を質します。質問内容は別々ですが、4名とも「中山間地域の諸課題解決セミナー」で学んだやり方で準備していますので、中身は濃いものだと確信していますが、上手くキャッチボールができるかは未知数です。

発達障害問題は私が今から12年前、2010年12月議会で質問しています。その時の議事録を読み直してみたのですが、その時に私が言っていたことと今回私が言うことが殆ど変わらないということが分かりました。当時も、「ワンストップ」という言葉を使って、相談のたらい回しではなく、ここへ相談に行けばかなり安心して帰れるという場所を作りなさいと言っています。

生活交通問題についても過去に何度か質問していますが、自分事として考えなかったつけが今現れてきています。JR芸備線はJR西日本だけの問題ではなく沿線自治体の問題であり、国の公共交通政策が本当にあったのかという問題だと思います。バス移動についてもバス会社だけに投げている気がしてなりません。

少し硬い難しい話になるとは思いますが、これまで避けていた課題であるのではないでしょうか。できるだけ丁寧に質問したいと思いますので、お互いが納得できる着地点(答弁)を見出しましょう。