街宣は気持ち良いです

[ 2022年5月10日(火) ]

昨日の「地域政党きずな庄原議員団」の街頭宣伝活動は気持ちよかったです。何かと問われると、「これですと」は言えませんが、高揚感というか、自己満足というか、主役になった感じです。

私は昨日も書きましたが、自治振興についてお話させていただきました。近頃の行政は、私には中央集権的に思えます。地方分権と言いながら、ドンドン後退しています。庄原市の場合も、合併時にはあれほど「自治振興」と言いながら、今では過去の話みたいな感じになっています。その点、山内自治振興区は頑張っておられると思います。自ら課題解決に動いておられます。

國利議員と徳永議員は人口減少問題を言っていましたが、庄原市の最重要課題でありながら執行機関の本気度が見えません。私は自治会や自治振興区がもっともっと機能すべきと訴えましたが、住民が諦めたら終わりです。私たちきずなメンバーは行動する政策集団ですから、良いと思ったことは実行に移します。早速、e-TMBで走る道後山の実現に向けて県の関係機関も動き始めました。

私が昨日の会派勉強会で、「67歳で自転車はきつい」と弱音を吐くと、「林さんの年齢でも乗っているということが重要なんです」と訳の分からない褒め言葉を頂きました。これから市の職員をリクルートしていきますので、自転車に興味のある方は自ら手を挙げて下さい。私たちの自転車で試走することも出来ますので、遠慮なく申し出て下さい。乗らないと分からない。

今日はこれから街宣活動

[ 2022年5月9日(月) ]

本来なら毎月第一月曜日に「地域政党きずな庄原議員団」の街頭宣伝活動を行うのですが、連休ということから一週間延ばし、今日実施します。私の今日のテーマは、西城町に続き「自治振興」についてです。

今日の第一会場は、午後5時から山内のセブンイレブン横の駐車場です。山内自治振興区は凄く元気が良く、移住者の積極的な受け入れを「てごうし隊」が中心となって行っておられます。農業分野においても、竹チップを活用したブランド米「里山の夢」が超有名で、全国区となっています。また、オリンピックの水泳金メダリストの金藤理絵さんは山内出身です。

山内町内の色々な企画は自治振興区が中心となってされており、正に一致団結という感じで動かれています。JR芸備線の取組や県立広島大学のコロナ禍での学生の食糧支援等も積極的に関わられています。過去の私のブログにも何度か取り上げていますが、羨ましい限りです。そして、好循環としてマスコミにも良く取り上げられています。

第二会場は午後5時40分からいつものジョイフルの駐車場です。対象となる方々は忙しく買い物をされていますので分かりやすい内容の話でないと耳を傾けていただけません。雑音にしか聞こえなかったでは私たちのモチベーションは上がりませんから、物価上昇について語ってみましょうかね。そうなると、ウクライナとロシアが登場せざるを得ないな。いやいや、日本の農業政策の課題も多いけど、これを話し出したらきりがない。ということで、ぶっつけ本番でいきます。

もろに年齢を感じました

[ 2022年5月7日(土) ]

昨日は「きずな自転車部」と西城観光協会のコラボ企画で、道後山周辺の林道をe-MTBで走りましたが、67歳には過酷な上級者コースから始まり、あえなくギブアップしてしまいました。コース設定した人も、「これは厳しかった」と後から言うんだから。

確かに厳しい砂利道の上りでしたが、國利議員や徳永議員は上った訳で、私の体力の無さを自覚しました。やはり、私には過酷なコースを走ることは無理でした。しかし、流石は國利議員と皆で感心したのですが、彼が唯一、全行程を走破しました。嬉しい収穫として、案内役の観光協会の山口さんと菱さんがe-MTBに目覚めたことです。私の自転車は彼らが走らせてくれました。

途中から五島議員とDMOの中島さんが合流したのですが、彼らもかなり過酷なコースでしたので、今日は筋肉痛間違いなしです。そして、ハプニングもありました。ハプニングというよりも当たり前でしょうが、自転車3台中2台がパンクしました。私のタイヤには本当に小さな木(3ミリ程度)が刺さっていました。國利議員のパンクも恐らく木だと思います。

昨日は、菱さんの車をサポートカーとして同行していましたが、2台のパンクが発生した時には車1台では対応できないことが分かりました。國利議員は自転車を押して高原荘まで帰ったのですが、私の自転車は車のキャリーに積んでもらいました。次回はパンク修理の講習会をしようということになりましたが、道具類も整備する必要があります。

私はこれからは本当の意味での趣味でe-MTBを楽しみますが、裏方の勉強をすることにします。自転車でまち興しを実現するためには多くの裏方(スタッフ)が必要ということが実感できました。次回の企画も考えていますので、ご期待下さい。ご案内します!

Facebookが乗っ取られました

[ 2022年5月5日(木) ]

昨夜友人から、「林さんのFacebookが乗っ取られとるよ」と電話がありました。私のMessengerに、「ビデオに写っているのはあなたですか?」というコメントとURLが貼り付けて送られてきたのは一昨日でした。私はクリックして開いてしまったのです。

時々、「私のFacebookが乗っ取られました」というコメントを目にすることがありますが、自分が乗っ取られるとは思いもしませんでした。悪意を持ったメッセージは私の知り合いからのものでしたので全く疑いませんでした。写っていたのは4月25日臨時議会のYouTube録画でしたから、ご丁寧に「私は写っていません」と返信しました。

そうしたら昨日のこと、違う知り合いから、「ビデオに写っているのはあなたですか?」という同じメッセージが届きました。ここで大抵の人は気づくのでしょうが、「おかしいな」程度にしか私は思わなかったのが運の尽き。そして昨夜の「乗っ取られとるよ」事件勃発です。直ぐにパスワードを変更して、「乗っ取られたので、Messengerを開かないで下さい」と発信しました。

幸いに皆さん慣れていらっしゃるみたいで、「おかしいと感じたので開かなかった」ということで、犠牲者はいなかった?みたいです。悪意に満ちた乗っ取り犯でなかったのかもしれませんが、この程度で済んで良かったです。しかし、何となく覗かれている様に感じます。原因を考えてみたのですが、安物のsmart watchを購入してから不具合が発生しています。

その時計にはお知らせ機能がり、FacebookやLineなどがスマホに入ると同時にsmart watchに表示されますが、知らない人が勝手にトークに来たりしていました。かなり前にパソコンにウィルスが入って往生したことがありますが、防衛策を考えなければなりません。どういっても、SNSなしでは現代社会は生きていけませんからね。

会派勉強会

[ 2022年5月2日(月) ]

昨夜は、地域政党きずな庄原議員団の定例勉強会でした。本来は第一月曜日なんですが、連休の都合などから昨日の開催となりました。協議事項1点目は、自転車によるまち興しの具体化についてで、國利議員が視察に行った掛川森林組合E-MTBツアーの報告がありました。

主催が掛川森林組合で企画はとそふと研究所という、林業に対して興味を持ってもらいたい森林組合さんとその橋渡し役のそふと研究所のコラボ企画といえます。詳しい内容は、そふと研究所←クリックです。山の中をe-MTBで走るという非日常を体験することで、新たな何かが見えてくるかも知れないというワクワク感一杯のツアーみたいです。

國利議員は結構家の裏山を走っているので、走行自体は全く問題なかったそうですが、トータル走行距離32㌔は普段あまり自転車に乗らない人には結構きつかったみたいです。コース設定を森林組合の職員さんがされたみたいですので、プロのアドバイスがあれば良かったのかなと國利議員が言っていました。しかし、e-MTBで山の中を走るツアーは、トレンドとなっています。

6日にはきずなメンバーと西城町観光協会のメンバーが西城町三坂の山の中を各自のe-MTBで試走することにしています。JR芸備線に自転車を分解せずに載せ、道後山駅に着くと直ぐにフォレストツーリズム開始というのが我々の描く理想です。宿泊施設は充実していますし温泉もありますので、自転車愛好家には最適なエリアといえます。