市民団体と語る会でした

[ 2022年11月17日(木) ]

今日の午後1時30分から、「庄原の人口問題をとことん考える民間会議 ひと部会」の会員6名と2班の議員が「庄原市の人口減少について」というテーマで語り合いました。これまで教育民生常任委員会と、ひと部会は3度の意見交換を行っていますので、私と宇江田議員は馴染みのメンバーでもあり活発な語る会となりました。

毎年700名からの人口が減少しており、議会としての対応はどうなっているのかということから、市民団体枠で「市民と語る会」のお申し込みがありました。副部会長さんが、これまで4年半から人口問題を考えてきたが、「虚しい」と感じることもあるが、「Never Give Up」で諦めず議論を続けることが大切としみじみと話されました。

県立大学の事務部長さんが、「大学の価値を高めるには地域と共存することが大切」と発言されましたが、大学生と地域との関りが殆どないのはお互いに勿体ないのではという意味も含んでの発言と捉えました。開学時には、「おらが大学」とまでは言いませんが、庄原市に宝が出来たという程の熱狂だったことを思い出します。

いろいろな意見が出されましたが、「情報発信」に問題ありということを多くの皆さんが発言されました。庄原市が何処へ向かって行っているのか、向かって行こうとしているのか、時々に情報が出てこないので分からないと言われました。情報とは、文章だけでなくデータを示すことでもあります。

結局は、不満が増幅した語る会となったのかな?と個人的には感じましたが、諦めません!

何故か忙しくしていました

[ 2022年11月15日(火) ]

5日連続で「市民と語る会」を実施しましたが、やはり、肉体的にも精神的にもかなり堪えました。何の準備もしなくて会に臨むことはできませんので、資料を読み込んだり過去の報告書を読んだりしていました。当たり前ですけどね。

他の議員さんも間違いなく準備して会に臨まれているのでしょうが、私や谷口議員、宇江田議員はベテランですから、「そんなことも知らないの」と思われたくないというのが正直なところです。そして、我々3人の議員はそれぞれが得意分野を持っていますので、一種、阿吽の呼吸で答弁しています。これぞ、ベテランの為せる業かな?

ということで、土曜日から月曜日まで溜まっていた仕事や行事が続いていたので、今日火曜日がやっと空いた1日なのです。明日の午前中は漆の勉強会、午後からは会派の勉強会や党員との対話集会、明後日は、市民団体との「語る会」と予定が入っています。土曜日は今のところ予定は入っていませんが、日曜日は地元の神社の秋の例大祭です。

友人が県立大学の漆に詳しい先生を紹介してくれたお蔭で、益々、漆の魅力を感じています。今は苗も植えていない訳で、夢ばかり追いかけている私たちですが、先生は更にその先を研究されているのですが、同志と感じています。ただ、先生のお話からすると、漆を植えて30年後に何とかなるという、遠大なものです。

私は当然ながら生きてはいませんが、後継者に引き継げるように頑張らなければなりません。漆は芸術・文化なんだと分かってきました。皆さん、分かりますか?

昨夜は西城でした

[ 2022年11月11日(金) ]

7日から11日まで連続で、「市民と語る会」を実施している我が2班ですが、昨夜は、「やはり連続は疲れるのう」と私が言うと、「車で少し寝た」という議員もいました。予測不能な語る会ですから、結構、精神的に堪えます。

昨夜の西城自治振興区のテーマは、「美古登小学校と西城斎苑の跡地の利活用他」だったのですが、我々議員に何でも良いからアイデアを出して下さいと区長は言われましたが、先ずは、地元で協議してからのお話ではありませんかと申し上げました。どうも、地元自治会と自治振興区との意思の疎通が上手くいっていない雰囲気を受けました。

新たにある自治会の会長になられたという人が来られていたのですが、中々の人物でした。先般行われた市政懇談会に出席したのだが、出席者が非常に少なくて、「出席が少なくて申し訳ありません」と謝ったとおっしゃっていました。しかし今日の会場には多くの皆さんが来られているので、ドンドン意見交換しましょうと鼓舞されていました。

後半は空家や廃屋についての議論が展開されることとなりましたが、西城の旧市街地に関しては行政だけでは解決できない複雑な問題が絡み合っているみたいですので、バラバラに対応するのではなく、関係者を集めて協議する場を設けるべきではと私見を述べたところです。私も地元であればもっと突っ込んだ話をするのですが、難しいですね。

さて、今夜は東城自治振興区での「市民と語る会」です。テーマは、「東城のまちづくり」(都市計画・防災・空き家・公園)ですが、まるで執行機関に対するテーマとも考えられます。はてさて、どうなりますやら、当たって砕けよかな?

やはり生活交通でした

[ 2022年11月10日(木) ]

昨日の高自治振興センターで行った、「市民と語る会」では、主に生活交通についての意見交換となりました。昨年も同じテーマでしたので、1年間の勉強の成果を皆さんに発表した上での意見交換となり、より具体的な話になりました。

班長の谷口議員が東城の2地区で行ったMaaS実証実験の報告を行った後に私が神石高原町のタクシー事業やMaaSについての私見を述べさせていただきました。どういう内容かと言うと、庄原市内全域を網羅する生活交通体系は無理だから、各地の実情に合ったそれぞれの生活交通体系とすべきというものです。

高自治振興区では市民タクシーの利用が増加してきていますが、自治会が周知活動をしているからだそうです。ただ、予算に限りがあるのが課題だと言われていました。神石高原町の様に、自己負担一律900円で月に20回利用できるタクシー事業を直ぐに導入ということにはなりませんが、旧庄原市内であれば、神石高原町方式も検討するに値すると思います。

区長も言われていましたが、誰も乗っていない空気を運んでいるバスはお金(補助金)の無駄使いであると。そのお金は我々の税金であるから、もっと有効な方法を考えて実行すべきだとも。特別委員会を立ち上げて考えてみる必要もあるのではとの要望もいただきましたので、教育民生常任委員会で生活交通の扱いについて協議してみたいと思います。

これからドンドン高齢者が増えていくのだから、免許返納を言うなら、納得できる代替案を示すべきではないかとも言われました。免許を返納すると生活そのものが出来なくなる家庭もあるとも。

昨夜は22名の参加

[ 2022年11月9日(水) ]

東自治振興区での「市民と語る会」には22名の参加がありました。殆どの方が振興区の何らかの役員さんだと思いますが、多くのご意見をいただき、どこも同じ悩みを抱えておられることを改めて認識しました。

有害鳥獣の抜本的対策については私が資料を基に問題提議したのですが、地域で何とかしたいのは山々だが、高齢化した住民ばかりでバッファゾーンなんて手に負えないと言われました。あと5年したら生きているかどうかも分からないと元気な後期高齢者が発言されましたが、「あんたは大丈夫」と言いたかったのをぐっと我慢しました。

自治会の役員を引き受ける人がいないということでもかなりの議論がありましたが、自治会に加入しない人が増えている現状をどう考えるかと逆に聞かれ、それぞれの議員が自分が住む地域の現状を説明する場面もありました。田舎だけでなく町中でも、高齢の一人暮らしや高齢の夫婦だけの家庭が増えており、難儀しているそうです。

明るい話題はないのかという感じでしたが、実は、若い人が結構多い東自治振興区なんです。問題は、自治会活動というか、共同作業などに参加したくないということみたいです。ある参加者が、若者を巻き込んで山のバッファゾーン整備で色々な体験活動をしたりしてはどうかと提案されましたが、ナイス・アイデアです。

要は、実行に移すかどうかで地域の将来は決まります。自分が伐り倒した木は軽トラ1台分なら無償で持って帰れるとか、山に大きなクリスマスツリーを作ってクリスマスコンサートを開くとか、楽しいことを考えれば良いのです。私たちが開発した「板橋まなびの森」はコロナで休眠状態ではありますが、来春からは活動を再開する予定です。

今晩は、高自治振興センターで「市民と語る会」開催です。テーマは、地域生活交通と物価高騰対策です。