またしてもクタクタ

[ 2021年7月26日(月) ]

昨日は私たちの集落に張り巡らしている電気牧柵の維持管理作業でした。午前7時から作業を始め、終了したのは11時過ぎという超ハードなものとなりました。維持管理は想像以上に大変です。

大変ですと書きながら言うのも変ですが、始まったばかりで手探り状態なんです。地球温暖化の影響でゲリラ豪雨があったり、猛烈な暑さがあったりで雑草等の成長は異常ともいえます。刈っても刈っても直ぐに伸びる草に誰もが悲鳴を上げているのも事実ですが、負ける訳にはいきませんので、ひたすら草刈をするのです。

電気牧柵の維持管理を集落一丸となってやることにしていますので、農家も非農家も出来ることは協力して行います。昨日は農家による草刈と除草剤散布作業がメインでしたが、ぶっ倒れると言った人間が2名おりました。1人作業なら自分のペースでできますが、共同作業は迷惑をかけたらいけないという思いから、ついついオーバーペースになってしまいます。

来月は市道の草刈を全戸で行いますが、併せて非農家の方々にも自宅周りの電気牧柵への除草剤散布をお願いすることにしています。集落を完全に電柵で囲うことはできませんし、県道を歩いてやってくるイノシシも存在しますので、二重に電柵をしている場所も結構あります。ということで、水利組合から非農家の方々に根まで枯れない除草剤500ml 1本を無償提供します。

次に計画しているのは整備したバッファゾーンに特別な木を植えることです。何が特別かというと、長期作戦ですが、稼げる木を植えます。次世代に誇れる故郷を残すためにクタクタになりながら頑張ります。

クタクタです

[ 2021年7月24日(土) ]

家の周りの刈り投げにしていた草が連日の猛暑で乾燥したので集めて焼きました。暑い中、火をつけて焼く訳ですから猛烈に暑いのですが、草刈後の景色とは別物の眺めが気持ちいいですね。

田舎に暮らす人に、「何が大変ですか」と聞けば、大抵の人が、「草刈です」と答えるでしょう。私が子供の頃はどの家も黒牛を飼っていましたから草は競争の様にして刈っていましたから本当にキレイな田園風景でした。やわらかい畔草は餌にして与え、堅い山草などは牛小屋に敷いて貴重な堆肥としていました。正に自然農法を実践していたのです。

ところが、耕運機の出現により黒牛を飼う必要がなくなりました。農耕で牛を操るには熟練した技術が必要でしたが、耕運機は一定の体力があれば誰でも操作できます。ということで、段々と草は邪魔者になっていきました。今ではスイングモアで刈りますので、良好な堆肥の素を撒き散らし次の草が育つということになっています。

明日は早朝から地域の共同作業で電気牧柵の周りの草刈とその一帯への除草剤散布を行います。私たち農家はなるべくなら除草剤は使わない様に心がけていますが、山と隣接する場所は草刈り機ではどうにも歯が立たない程の笹などが茂っており、除草剤を散布して枯らす方法をとっています。私たちは、環境維持のための補助金を僅かですが貰っています。

作業後に皆でいつも、「あと何年できるじゃろうか」と言っていますが、担い手がどんどん減ってきているのが現実です。14軒の農家だったものが今では自作農が8軒となっていますが、面積は変わっていません。

この暑さ尋常でない

[ 2021年7月21日(水) ]

本日の気象庁最高気温一覧表によると、庄原市は33.5℃だそうです。午後1時現在の気温ですからもっと上昇するのではと思いますが、お昼のNHKニュースの予想では36℃と表示されていました。尋常ではない暑さです。

地球温暖化により日本も40℃の世界出現も時間の問題と言われていますが、世界各地では異常な高温により自然発火で火災が起きています。アメリカのオレゴン州とカリフォルニア州等で発生している山火事は拡大しており、その煙はニューヨークまで到達しているとの報道です。オーストラリアでも自然発火による山火事が多発しており、コアラに相当な被害がでているそうです。

中国各地では21本の河川で洪水が発生しており、米不足が心配されているとのこと。ドイツでも大洪水が発生し多数の死傷者がでていますが、メルケル首相は、「地球温暖化の影響による洪水」とハッキリと言っています。つい2.3日前のテレビ番組でスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさんの特集をしていましたが、もっと彼女の言っていることに耳を傾けるべきです。

どうして世界各国で化石燃料で走る車の販売が規制されたり禁止する法律が作られているのか考えて欲しい。航空機の燃料もミドリムシから作る時代になってきている現実。さてさて、この異常な暑さから体を守るためには、冷やすことだそうです。つまり、エアコンの効いた部屋で大人しくしているのが一番ということですが、電気が必要です。

このブログを書きながら、これまで私たちがやりたい放題で地球を痛めてきたことのつけが回ってきているのだと確信しています。新型コロナウイルス感染症も人為的という意見もありますが、地球号からの悲鳴かも知れません。今流行りのSDGsが地球号の救世主になるかどうかは分かりませんが、やるなら本気で取り組む必要はあると思います。

相田みつを

[ 2021年7月20日(火) ]

私が購読している雑誌プレジデントに、「なぜ、『相田みつを』は日本人の心に迫るのか」との標題で息子の相田一人さんが書いておられます。丁度、我社の朝礼で相田みつをさんの「一生感動一生青春」を輪読しているので、ご縁を感じた次第です。

私が相田みつをさんの詩に出会ったのは掃除に学ぶ会でトイレ掃除を始めた頃です。日本を美しくする会の鍵山相談役が相田みつをさんの詩や書を気に入っておられ、講演会等で良く相田さんの作品のお話をされていたので私も興味を持ち本を購入し読ませていただきました。今でも相田さんの日めくりカレンダー2種類を毎朝めくっています。

著作権の関係があるでしょうから作品を載せることはしませんが、相田みつをさんの言葉は、日本が災禍に遭うたびに人々に求められてきたのだそうです。最初は、25年前の阪神・淡路大震災の1年後に神戸で相田みつをさんの詩が何故か広まっていったそうです。実は私が相田みつをさんの詩に出会ったのも25年前なんです。

私事で恐縮ですが、25年前は私の人生の大きな転換点でした。掃除に学ぶ会との出会い、鍵山相談役との出会いにより生き方が根本から変わりました。またその年には、ボランティア活動(BBS運動)により文部省からドイツに派遣され、東西ドイツの統合を目の当たりにし世界観も大きく変わりました。つまり、私が今議員である根源は25年前にあります。

行き詰まると何故か相田みつをさんの詩が求められる。コロナ禍の今が正にそうかも知れません。

難題山積、どうする

[ 2021年7月19日(月) ]

JR芸備線存続問題と利活用問題はリンクするのか?かんぽの郷庄原取得後は黒字になるのか?小中学校の適正配置の議論はどうするのか?口和の鮎の里は営業再開できるのか?人口減少に歯止めをかけるにはどうすれば良いか?

と、思いつくままに難題を書き出してみたが、まだまだ書けばいくらでも難題はある。コロナ禍で全てを覆い隠しているとまでは言わないが、「コロナ禍で」という言葉で逃げていることは間違いない。私が一般質問でいつも言っているが、「先延ばし」では物事解決しない。民間ではできないことを市役所は担っているのだから。

JR西日本社長は、存廃問題を協議するものではないというコメントを出せれていますが、利用が進まなければ最終的には存廃問題に行きつきます。沿線市町の財政的支援で存続させることも可能ですが、殆どの市町の財政に余裕はありませんし、県や国にお願いしてという過去のフレーズは使用禁止となっています。あなたの税金で延命させて下さい。

日本国政府の体質そのものが借金体質ですので、打ち出の小槌でいくらでもお金は作れます。使い道も決めずにコロナ対策赤字国債を際限なく発行する度胸には敬意を表しますが、誰が返済するのかご存知ですよね。戦前、戦中、戦後という言葉はもはや死語です。時の政権は、お金で票を買うこと=福祉の向上という方程式を編み出しました。

その方程式は既に制度疲労を起こしていながら未だに使い続けている現実とそれを許している国民。質素倹約という言葉も死語かも知れませんが、どうも日本国政府の官僚さんは公僕という言葉を捨てたみたいです。皆さん、捨てさせたのは誰だと思いますか?