所得が増えない

[ 2021年10月18日(月) ]

今回の選挙戦では、「富の再配分」「所得倍増」「景気の好循環」とか耳障りなフレーズばかりが踊っていますが、ここまで地盤沈下した日本経済をどうやって立て直すのか具体策はどうなんだと聞きたい。

友人とも話したのだが、外国に出ていくと日本の物価と外国の物価の違いに愕然とする。かつては、中国に1万円を持っていき元に両替したら3泊4日の小遣いは問題なかったが、今では3万円両替しても足りなくなる始末だ。暫くハワイに行っていないが、旅行の費用は倍近くかそれ以上だと思うけど、我々の収入は増えていない。賃金デフレに慣れてしまっている感じだ。

外国でデラックスホテルに宿泊することなんて今では有り得ない。お金がないからホテルのランクを下げざるを得ないからです。折角の旅行だからと食べるものは贅沢しようと思うけど、毎日ということにはならない。ドイツに視察に行った時には1日の食費を決めていて、時には駅の売店で日本食弁当を仕入れてホテルで食べたりしていた。そのホテルも、修学旅行ご用達?

アベノミクスの負の部分で語られないのは、富める人はドンドン富み、貧しい人はドンドン貧乏になったことです。最低賃金を菅さんが上げましたが、産業構造を変えずに賃金だけ上げるのは無理です。大手企業はドンドン貯め込んでいますが、問題は中小零細企業なんです。アベノミクスはこの問題には一切手をつけなかった。

これからは資本家とか労働者とか敵対関係を作りだす時代から、一緒になって取り組む政策、例えば「脱炭素社会」の様な世界規模の政策で地球温暖化を乗り越えていかなければなりません。一種の産業革命を起こすことです。それも世界規模の産業革命を起こすのです。

選挙です!

[ 2021年10月15日(金) ]

昨日、衆議院が解散しました。しかし、あの「万歳」は何とかならんですかね、違和感を覚えます。19日公示で31日投開票という日程ですから非常にタイトな戦いとなりますが、自民党の奇策という人もいますが、若者受けすると思います。

政治に関心のない若者たちにとって、「パット解散しパット選挙」、これまでのダラダラ選挙よりは響くものがあるのではないでしょうか。恐らく自民党の選挙対策本部にアドバイスするコンサル会社等から若者の選挙行動分析が伝えられている筈ですから、若者をターゲットとした選挙戦略であるのではと私は想像します。

私はいつもこう言っています。「選挙はムード」と。野党が共闘して候補者を一本化して政権交代だと訴えていますが、どの層に対して訴えているのでしょう。ターゲットは若者ではない様に思えます。つまり、新たな支持層を開拓するのではなくバラバラだった政党支持の人たちが纏まった投票行動をとってくれれば一定の票が集まるという集票作戦です。

今回の岸田政権の衆議院選挙はスピード重視です。相手に考えるスキを与えないで、一気にゴールを目指します。このまま新型コロナウイルス感染症が落ち着いてきたら、野党はそれでも、「自民党の新型コロナウイルス感染症対策は失敗ばかりだ」と言うのでしょうか。今日は評論家になってしまいましたが、「選挙はムード」です!

もしも車の免許を返納したら

[ 2021年10月13日(水) ]

私が免許を返納したらどうなるか考えています。現在66歳ですが、何歳まで自動車の運転ができるでしょうか?70歳になると高齢者講習を受けなければなりませんし、75歳以上は高齢者講習の前に認知機能検査が行われます。

ええ歳して真っ赤な車に乗っていながら、免許返納って考えてもピンとこないのが正直なところです。実は、昨日の東城行きの時、クルーズコントロールにしたのですが、驚きがありました。明らかにカーブに沿ってハンドルが微妙に動いたのです。私は気持ちが悪くなり車の異常かと思ったくらいですが、アシスト装置が働いたのだと思います。

その後もハンドルが微妙な動きをしましたので、自動運転の雰囲気は感じました。しかし、何年先に自動運転車ができるか分かりませんが、運転免許に「自動運転車限定」なんてジャンルができるかもです。更に夢を語れば、自動運転車が自動配車アプリで我が家に迎えに来てくれ、用事が終われば送ってくれるという時代も近いかも知れません。

5Gはこういった世界を目指しているのではないでしょうか。免許返納のお話から自動運転車の話題へとジャンプアップしましたが、確実に時代は変化してきています。今日の議員全員協議会で「市民と語る会」の地域テーマが発表されましたが、地域交通、買物弱者、乗合タクシー等、交通関連問題が多くありました。これって都市部でも大きな課題なんです。

先に敵基地を攻撃するなんて物騒なことばかり言わないで、国民が求めている課題解決を最優先でやって下さい。岸田総理。

久々に東城

[ 2021年10月12日(火) ]

今日は午前中、東城に行ってきました。11月11日に開催する「市民と語る会」東城会場の地域テーマが「東城高校の状況について」ですので、東城高校の校長と高校の状況について意見交換させていただきました。

古前校長は東城高校卒業だそうですが、今年度から再任用の校長として東城高校に赴任されたそうです。昨年度で退職された山縣校長も東城高校卒業で、古前校長とは同級生だったそうです。そういう意味では県教委も忖度しているのかなと思いましたが、それほど難しい状況にある東城高校なのかも知れません。

ここでネタばらしをすると「市民と語る会」においでいただけなくなっては困りますので詳しくは書けませんが、子供の数がドンドン減っていっていることは事実ですから、保育所、小学校、中学校の状況もお分かりいただけますよね。校長の高校時代は6クラス7クラスという時代で、神石や哲西からも生徒が来ていたそうですが、今は東城町内のみだそうです。

つまり、どの市町も囲い込みというか、子供を外に出さない努力をしたり、地域外からの生徒に入学して貰うために寮を整備したりしています。東城高校のこれから進む道は、一言で言えば、「王道を歩む」だと感じました。東城の皆さん、11月11日午後7時より自治振興センターで開催される「市民と語る会」に是非おいでいただき、侃々諤々の議論を展開しましょう。

不思議な感覚

[ 2021年10月11日(月) ]

E-MTB(マウンテンバイク)に初めて乗って感じたことは、「自分の脚力はいつからこんなに強くなったの」と思ったのと、これまで経験したことのない自転車だというものです。アシストは3段階あり、Highにすると雲の上にいるみたいな感じです。

家の近くの未舗装の農道を走ったのですが、坂道にさしかかると雲の上という表現をしましたが、身体が浮いた様に感じました。本当に不思議な感覚で、かなりの坂道なんですが、楽勝で上ります。次はイノシシが掘り返した農道ですが、前輪に付いているサスペンションのお蔭で、難なく走破できました。そうですよ、マウンテンバイクですからね!

そして県道に出たのですが、その昔、魚屋でアルバイトをしていた時に乗っていた大きな重たい自転車の感覚を思い出しました。それは、安定感にあります。MTBのタイヤは通常の自転車に比べると太さは優に倍はありますし、グリップ力が強く路面を捕えることができるからです。これから、3段階アシストの使い方を習得していけばもっともっと楽しくなることでしょう。

そうは言っても基礎体力に自信がない私ですから、少しは身体を絞り込む努力をしなければ遠征なんて無理の無理です。クロスバイクで5キロをフーフー言っていますので、アシストで何とか10キロ程度だと思います。不細工な体型の短足親父が乗っているMTBを見たら、「はやしさん」って手を振って下さい。