投票率は下がる

[ 2021年3月4日(木) ]

今回のダブル選挙は非常に盛り上がらないものとなっています。そこで心配されるのが、投票率です。お隣の三次市の昨年4月に実施された市議会議員選挙の投票率は、53.09%でした(前回投票率67.83%)。

三次の場合は、クラスターが発生した直後に投票ということになりましたので、下がるだろうと予想はしていましたが、まさかの53.09%にはびっくり仰天でした。ところが、昨年11月に実施された安芸高田市議会議員選挙の投票率も低調で、63.19%でした(前回投票率68.66%)。これらの数字をどう思われますか、皆さん。

私の推測では、庄原市議会議員選挙の投票率は60%台間違いなしです。投票に行ったら1000円のクーポン券ゲットなんてことはできませんが、工夫が必要ですね。「政治に興味がない」の一言で片づけてきたつけが現れてきていると思います。それと、国会議員が本気で選挙制度を考えてこなかった、自分たちの党さえ良ければが、現状です。

障がい者の投票という行為は殆どされていませんが、誰も、「おかしい」とは言いません。「あなたの1票が未来を決める」なんてキャッチコピーがありましたが、決まらないから投票に行かない人が増えたのかも知れません。私たちは庄原市に住み続けたいという願いをもって議員活動を続けてきています。諦めてはいけません。みんなで投票に行きましょう!最善の策は投票に行くことです!あなたの願いを実現する人を見つけて投票しましょう!

きずな庄原 応援しています

[ 2021年3月2日(火) ]

今朝の挨拶運動は冷たい雨が降る中でしたので、久々に心が折れそうになりました。そんな時、「きずな庄原 応援しています。頑張って下さい」という小学生の声が聞こえました。私は、反射的に、「ありがとう」って叫びました。

高学年の男子生徒と思しき2人組がそれぞれ、「きずな庄原 応援しています。頑張って下さい」と言ってくれたのです。本当に嬉しかったです。昨日から板橋小学校前の交差点に立ち始めたばかりの私にとっては何よりもの激励です。4年前にも私が立っていたことを知っている生徒かもしれませんが、それにしても本当に嬉しかった。

地元ですから、多くの車から手を振って応援して下さいます。中には窓を開けて、「頑張りんさいよ」という方もいらっしゃいます。東城や西城に立っていて顔見知りになった運転手さんが板橋小学校前の信号機に停車されることもあり、心の中で、「お久しぶりです。気をつけて行ってらっしゃい」ってつぶやいています。

話を小学生に戻しますが、恐らく、家族の会話に、「きずな庄原」が話題として登場するのだと思います。これまで地域政党は庄原市内には存在していませんでしたので、子供たちには、「地域政党大阪維新の会」と同等の響きがするのかも知れません。子供たちが早くから政治に興味を示すことは素晴らしいことです。

「鉄は熱いうちに打て」ではありませんが、選挙制度などについて特別授業でもして欲しいところです。

今日は母の誕生日

[ 2021年3月1日(月) ]

今日は母の誕生日です。1923年3月1日生まれですので、満98歳となりました。苦労ばかりかけ臑を齧っていましたので、歩行が少し難しくなっていますが、100歳まで生きますと元気そのものです。

私は後援会事務所の事務所開きの準備で今日一日お掃除三昧でした。ということで、本日は手抜きブログです。御免なさい!

供託金を払いました

[ 2021年2月26日(金) ]

今日は雨も降るので、「歩け歩け運動」は一休みです。そこで供託金を払っておこうと思い、法務局三次支局に行き手続きを行いました。そして、日本銀行代理店の広銀十日市支店に行き30万円を供託しました。

殆どの事務処理は事務局長がやってくれていますが、私ができることは私がさせてもらいます。燃料の契約例をみていたら、私が利用予定のスタンドがセルフになっているので、売掛のカードを貰う必要があることに気づきました。燃料代金は請求書を選管に送って、選管から業者に振り込むというスタイルですので、立替払いではお金が貰えなくなります。

レンタカーは基準限度額が1日15、800円と決まっています。私の今回のレンタカーはマンスリー契約としたので、173,250円ですので、15,800円×7日=110,600円との差額62,650円は自腹となります。街宣車に載せるスピーカーレンタル料はマンスリー契約で約19万円ですが、全て自腹です。そして運転手を雇うと、1日12,500円×7日=87,500円が公費負担となります。

ポスターは公費負担です。こうしてみると、かなりの公費負担があるのも事実ですので、立候補しやすい環境整備と言えますが、候補者一人では選挙は戦えませんので二の足を踏む訳です。私も呑気なことを書いていますが、初めて立候補した時は本当に大変でしたが、仲間が手伝ってくれたお蔭で何とかこれまでやってこれました。選挙は一人では戦えません。ワン・チームです!

朝の挨拶運動も一区切り

[ 2021年2月25日(木) ]

昨年12月から始めた「朝の挨拶運動」ですが、明日2月26日で一区切りつけることになりました。これまでは、地域政党きずな庄原による挨拶運動でしたが、3月からはそれぞれ地元から、個人による「朝の挨拶運動」を継続していきます。

私は地元の板橋小学校入り口の信号機の所に立つことにしています。午前7時から8時15分までの75分間ですが、通勤する人、通学する人、保育所に子供を送っていく人などが結構ひっきりなしに信号機の前を通過していきます。一番楽しいのは、小学校に通学する子供たちが大きな声で、「おはようございます」と挨拶してくれることです。

ゴミを拾う人はゴミを捨てないという言葉がありますが、挨拶する人はゴミを捨てない人だと思います。どうしてと聞かれたら明確に答えることはできませんが、挨拶する楽しさ、挨拶する喜びが分かっているからではないでしょうか。正に不思議な力と言えます。今は休眠中の掃除に学ぶ会ですが、凛とした中での朝の挨拶は身震いがするほどのものです。

コロナ禍での活動は多くの制約を受けますが、「隗より始めよ」に倣い、「朝の挨拶運動」を続けます。