またしても線状降水帯

[ 2020年7月6日(月) ]

西日本豪雨の時もそうでしたが、今回の豪雨も線状降水帯によるものだそうです。詳しい解説は専門家に譲るとして、雨雲が列をなして帯の様になり同じ場所に居座って大量の雨を降らすことで大災害が引き起こされるということです。しかし、予測は非常に難しいそうです。

これも地球温暖化の影響であると言われていますが、問題は雨量にあります。冒頭にも書きましたが、同じ場所に居座る訳ですから一気に大量の水が出てきます。結果、報道の通りの大災害となりました。予測不能ですので、誰を責めることもできません。水路も川も、想定を超える水量を処理できなくなったのです。

住民の方が、「これまでは地震の備えだけを考えれば良かったが、水は想定外」と言われていましたが、泣くに泣けません。平成30年の西日本豪雨では多くの人命が失われ、住宅被害も甚大でしたが、今回もそうですが、災害を抑え込むことはできません。球磨村の特別養護老人ホームではバックウォーターにより多くの犠牲者がでましたが、存続できるのでしょうか。

これから復旧・復興となっていきますが、人はどういった場所に暮らせば良いのでしょうか。排水能力を超えた雨量であればどこに暮らそうと水害にあいます。三次市の例でも、排水ポンプが故障すればただの鉄の塊でしかありません。今回の映像を見ていると、垂直避難でも無理だった場所が相当数あったように思います。

これは私の考えですが、家の保険に加入する際の査定を厳格にする必要があるのではないでしょうか。立地場所の危険度によるランクを設ける。そして市道や側溝の管理者である自治体の責任区分を明確にして保険に内容が反映される仕組みを作る。山の木の植生等についても環境税を活用して災害に強い山にしていく。被災して考えるのではなく、減災を考えるべきではないでしょうか。

止まらぬ辞職ドミノ

[ 2020年7月3日(金) ]

首長が3名辞職しましたが、議員の辞職が噂され始めています。お金を受け取った県議や市議は、何とかやり過ごそうというグループと罪を認めて辞職すべしというグループに大別されるみたいです。

検察も首長が3名も辞職するとは想像していなかったのではないでしょうか。そこへ今度は、一般の議員が辞職する事態となれば、今度は議員の辞職ドミノが動き始めます。受け取った金額の多寡に関係なく、辞職しない議員には、「何で辞めない」と周りから猛烈な抗議の声があがってきます。そうなると、議会は機能不全に陥る可能性がでてきます。一番可能性が高いのが広島県議会ではないでしょうか。

だれが渡したか1憶5千万円。どういう趣旨のお金だったのでしょう。何度も書いていますが、政党交付金の1憶2千万円は我々の税金です。その我々の税金を買収に使いなさいと河井夫妻に渡す人はいないでしょうが、「ご自由にどうぞ」と言ったかどうかは分かりませんが、自民党の誰かが指示して渡したことは間違いありません。政党助成法も見直しは必至です!

そもそも政党助成制度とは、国が政党に対し政党交付金による助成を行うことにより、政党の政治活動の健全な促進及びその公明と公正の確保を図り、もって民主政治の健全な発展に寄与することを目的とした制度と謳われています。ところが、買収の原資と疑われている訳ですから、説明できなら検察が明らかにするのは至極当たり前のことです。

衆議院解散か?

[ 2020年7月2日(木) ]

会期の延長をせずに閉会してしまった国会ですが、コロナ対応は大丈夫なんでしょうか。第二派とは今のところ言えませんが、感染者が各地で増えてきています。広島市内で1人の感染が確認されましたし、岡山市内でも2人が感染したと発表がありました。

広島市内の感染者は感染経路不明だそうですが、岡山市内の20代の男性と女性は大阪に滞在していたそうです。やはり、広範囲で移動を再開すると感染リスクは高くなるということですね。東京都内では新たに107人の新規感染者が確認されたそうですが、100人以上は5月2日以来だそうです。私も東京に行きたいのですが、これでは行けないですね。

ここにきて衆議院の解散が取りざたされていますが、これだけ新規感染者が増えれば無理でしょうね。安倍総理ではもう持たない状態となってきていますが、解散の大義がありません。このままズルズルと来年10月の任期満了まで続けるのか、コロナが落ち着けば何とか理由をつけて解散するのか、鍵を握るのは公明党ですが、選挙態勢が整わないとの理由から解散には否定的みたいです。

それと、河井夫妻による大規模買収事件がやはり頭痛の種であることは間違いありません。ですから、コロナ騒動が落ち着いて欲しいけど、河井隠しのためには「やばいかな」という程度でいて欲しいというのが本音かも知れません。更に難しいくしているのが、オリンピック開催の是非です。オリンピックでお金を使い、コロナ対策で大金をばら撒き、ズタボロ解散となるのでしょうか。

レジ袋が有料化

[ 2020年7月1日(水) ]

今日からプラスチック製買物袋(レジ袋)が有料となりました。コンビニで何気なく袋に入れてもらっていましたが、「1袋3円ですが、どうされます」と聞かれることになります。ある試算によると、1日1人1枚使っているそうです。

有料化の対象外となる買物袋は、①プラスチックのフィルムの厚さが50マイクロメートル以上のもの②海洋生分解性ブラスチックの配合率が100%のもの③バイオマス素材の配合率が25%以上入ったものについては無料で配布しても構わないということになっています。大手テイクアウトのお店では、これまで通り無料で配れるバイオマス素材配合率25%以上のレジ袋を導入されるみたいです。

これまでもスーパーマーケット等では有料でしたのでマイバックを持参するお客様が多かったですが、立ち寄ったコンビニで、「3円です」となれば、「袋は要りません」と言うお客様が案外多いのではないでしょうか。その内に紙製の袋(無料)や、包装なく持てる弁当容器などが開発されると思います。工夫すれば何とかなるものです。個人的にはもう少し環境について啓発をすべきと思います。

環境先進国と言われるドイツではエコバッグは必需品で、必ず2個や3個はカバンの中に入っています。そして、過剰包装はありませんので、必要なら包装紙を貰う必要がありますが、印字のない新聞紙並みの紙です。しかし、ガラス瓶やペットボトルを使いまわすディポジット制が徐々に廃れてきていますが、私は良い制度だと思っていますので残念です。

このブログを読まれた皆さん、どうぞ、ポケットの中に小さく折りたたんだレジ袋を入れておきましょう。

明日から7月

[ 2020年6月30日(火) ]

今日は6月30日です。1年の半分が終わろうとしています。今年前半は新型コロナウイルス感染症でバタバタしましたが、後半もバタバタは続きそうです。こうして書いていると、社会の停滞を実感します。

アメリカではコロナの第2派が広がりを見せていますが、経済優先で行動抑制を解除した結果と言えますが、その裏には大統領選挙を巡る駆け引きがあります。トランプ大統領には日本も翻弄され続けていますが、ボルトンさんの言うことが全て正しいとは思いませんが、トランプ大統領の機嫌を損ねないことが日本外交の基本線であったとは情けない限りです。早くアメリカを真っ当な国に戻してください。

東京都知事選挙は7月5日が投開票ですが、下馬評では小池百合子氏が断然トップだそうです。あれだけコロナ対応でマスコミに露出していた小池さんですから、都民の記憶にインプットされているのでしょう。しかし、彼女の都政運営に関しては、評価できる点は少ないみたいです。豊洲移転問題は何だったのでしょう。彼女が言っていたことはことごとく嘘となりました。

今の世界の政治は嘘つきが政権を握っていると言っても過言ではありません。嘘をついてでも民衆を引き付ける力量を備えた人が政権のトップに就くのではないでしょうか。誰もが嘘だと分かっていながら支持する不思議。河井夫婦の買収原資である1億5千万円は誰が判断したものか、嘘つきは誰か、徹底的に検察が究明せず幕引きをする様では、日本も結局、嘘つきが政権を握っていることが証明されるだけです。