昨日は土木作業でした

[ 2020年4月1日(水) ]

4月1日から地域の水利組合の役員になるのですが、仕事の段取から、昨日から水利組合の仕事をすることになり、水路を改修する土木作業を1日行いました。借りてきたユンボを1日使ったのですが、慣れない作業は大変でした。

梅雨までには水路を改修しないと転作田が水浸しになり牧草も生えてこないことが予想されるので、急遽、役員でやることになりました。作業内容は、水路からオーバーフローしている水を先ず、バイパスを作り、コルゲート管を敷設して排水路に逃がすというものです。測量して掘る訳ではなく、目測でええ加減にやるのですが、コルゲート管は曲がるので問題ありません。

しかし、ユンボという機械は優れものですね。最初はどう動くのか分からずにやっていたのですが、習うより慣れよで、何とかなるものです。これをスコップでやっていたらと考えると、ゾッとします。今日が雨予想だったので、休憩もそこそこにやったお陰で、何とかバイパスの溝堀作用を終えることができました。

明日は目の粗い砕石を素掘りの溝に下地として入れる作業を行い、出来れば、コルゲート管を敷設したいと考えています。そして明後日は、その管の上に砕石を厚めに被せて土を埋め戻して完了の予定ですが、残れば、土曜日も作業となります。日曜日は、電気牧柵の保守点検作業が午後から予定されていますので、体力的に心配ではあります。

話は全く変わりますが、三次市の市議会議員選挙も佳境に入ってきたようです。人様の選挙は蜜の味ではありませんが、多くの評論家の意見を総合すると、驚く様な展開にはならないみたいです。「勝負(選挙)は下駄をはくまで分からない」の喩えの通り、開票結果を見るまでは分かりません。しかし、4月5日の告示までには大勢は判明すると思います。

各地でクラスター発生?

[ 2020年3月30日(月) ]

大学生の海外への卒業旅行で新型コロナウイルスに感染して帰国した学生が相当数現れてきている。社会人になると仲間とも旅行に行くことも難しくなるからとの判断でしょうが、少し無謀な卒業旅行だったのかなと私は思います。

コメディアンの志村けんさんが昨夜、新型コロナウイルに感染してお亡くなりになりましたが、あれほどの売れっ子ですからショックでした。つい先日、テレビ番組で昔の彼女と結婚寸前でダメになったミニドラマを観たばかりですから、本当に驚きました。彼は毎日大酒を飲み、たばこも1日3箱吸っていたそうですし、過去、肺炎にもなっていたみたいです。

私は高血圧、不整脈、糖尿病の薬を服用していますので、万一感染したら重症化しやすいみたいです。ですので、私は大丈夫と勝手に思い込んでいましたが、志村さんの報道を聞いて怖くなりました。学生さんの話に戻しますが、県立広島大学の卒業生も海外への卒業旅行で感染していたとの発表がありました。濃厚接触者は少ないみたいですが、分かりません。

昨夜のニュース番組で、海外からの帰国者の発症が増加傾向にあると言われていましたが、水際作戦が功を奏していないことなります。政府も次なる一手を検討中とのことですが、私権を制限することには慎重でなければなりませんが、一定の強制力を持った措置を発動するのではないでしょうか。

河井夫妻は完全アウト!

[ 2020年3月28日(土) ]

各種報道を見聞きして思うことは、どうしてこんな夫婦が今まで政治家として存在していたのかということです。また、彼らを裏で支えていた自由民主党本部も同罪じゃないかと思います。法務大臣が買収選挙じゃ、どうにもならんでしょ。

県議会議員や市議会議員、元市議会議員などが事情聴取されているとの報道に、愕然としています。世の中に、「はいどうぞ」って、お金を配る人は滅多といないと思いますが、河井夫妻は配ったみたいですね。原資は、自民党本部からの1億5千万円だと想像しますが、収支報告書の記載はどうするのかな?書かなくても大丈夫ということなんだろうな。

車上運動員に1人1日3万円支払ったことから始まった今回の事件ですが、やっと、本丸が見えてきた感じです。先ずは、広島県内から買収選挙の裏側を暴くことになりますが、どこまでやるかではなく、膿は徹底的に絞り出しましょう。ところで、今回の中国新聞の報道には執念を感じます。久々に、「ペンは剣よりも強し」という言葉を思い出しました。

こんなことは氷山の一角なんて言う人があるかも知れませんが、その氷山の一角からでも潰していかないと政治は変わりません。国会議員は政治家といっても全く別格です。「全国民を代表する選挙された議員」(日本国憲法第43条)だからです。だからといって、何をしても構わないということではありません。恐らく、河井夫妻は何か大きな勘違いをしたのでしょう。

会派きずな活動報告

[ 2020年3月27日(金) ]

資料室に、「会派きずな活動報告」をアップしました。今回は予算の関係で白黒印刷となっています。代表質問、新型コロナウイルス感染症対策、一般会計予算に対する修正案、かんぽの郷庄原問題など、読み応え十分な内容となっています。色違い部分をクリックしていただくと、資料室に飛びます。

オリンピックは延期

[ 2020年3月26日(木) ]

ご存じの通り、新型コロナウイルスのパンデミックを受け、東京2020オリンピックが1年程度延期となりました。その発表を待っていたかのように、東京都内の感染者が一気に増えていっています。首都封鎖が現実味を帯びてきました。

東京は外国と私は以前から感じていましたが、このままでは大変なことになりそうです。イギリス並みに人の移動を制限しない限り、拡散は続くのではないでしょうか。結果論ですが、長期化してきて中だるみ傾向にあるとの指摘もあります。感染者が爆発的に増加すれば、医療現場は一気に野戦病院と化します。そうならないためには、移動制限は必要な措置だと考えます。

ベッドや人口呼吸器は製造すれば何とかなりますが、医師や看護師を増員することは無理です。いまある施設・設備・人員で対処可能な防疫体制を取らなければなりませんが、国民の協力が不可欠です。今日も広島市内で1名の感染が確認されましたが、感染していても発症しない人も相当数いるという報道もありますので、目に見えない敵と戦う覚悟が必要です。

昨日、ある老人保健施設に行ったのですが、玄関を入ると直ぐに、「検温をお願いします」と言われました。高齢者が感染すると重症化する率が高いそうなので現場は神経ピリピリです。36度でしたので、次は、アルコール消毒、マスク着用で、関所を通過することができました。今はただ、早期にワクチンが開発されることを祈るばかりです。