葬儀

[ 2023年2月1日(水) ]

現在は、「NPO法人板橋さとやま倶楽部」として活動していますが、そもそもは地域の荒れた山を、平成16年度より仲間と一緒に手入れを始めたことが出発でした。当時の仲間が段々と亡くなっていっているのですが、今日も草創期の仲間のお一人の葬儀がありました。

私も年を重ねて68歳となりましたが、今日亡くなったKさんは84歳でした。大人しい人でしたが、コツコツと作業をこなし、会の纏め役でもありました。家が山の入り口にありましたので、奥さんも裏方として良く手伝って下さっていました。Kさんは、植木の剪定の時に梯子から落ち、それから体調がすぐれなくなったように記憶しています。

これまで何人が亡くなられただろうかと数えてみると、Kさんで7人目です。皆さん元気に作業して下さっていた方ばかりですが、主な死因は癌と脳梗塞です。こうやって書きながら、各自を思い出しています。今日も仲間たちと、「元気で頑張ろう」と誓いましたので、雪が融けたら整備した「板橋まなびの森」で作業開始です。

仲間が減っていくと本当に寂しいものです。草創期には、作業が終わったらイノシシの肉を焼いて一杯飲んでは夢を語っていましたので、思い出は尽きません。本当に濃いお付き合いの人ばかりでした。Kさんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

管内視察でした

[ 2023年1月31日(火) ]

本日午前中、西城病院に隣接する、「庄原市西城保健福祉センター しあわせ館」を教育民生常任委員会で視察に行ってきました。昨年12月1日、「域包括ケアシステムの構築について」視察に伺った福井県おおいまち「名田庄診療所 あっとほ~むいきいき館」の所管事務調査報告書を書くにあたり、「いきいき館」をお手本に整備された本市の「しあわせ館」も視察してみる必要があると判断したからです。

想像はしていましたが、「しあわせ館」は、役所の福祉関係の集積所と公民館機能、加えて、病院のデイサービス事業等が混然一体となっている施設かなという印象です。福祉関係機関を一ヵ所に集めたことは画期的だったのでしょうが、所帯が大きくなり事務所スペースが狭隘といえます。一度、配置等の機能点検を実施して、再配置すべきと思います。

これは今更言っても仕方ないことですが、「いきいき館」はワンフロアですから死角が少なく機能的です。「しあわせ館」は2階建てですから、特に2階は別物に思えます。23年前のコンセプトに基づいて使い続けるのではなく、新たなコンセプトにシフトすることも良いのではと思います。そろそろ、お役所的発想から脱却しましょう。

医療現場や介護現場で働く人たちは、コロナ禍の影響で疲弊しています。これからは規制も徐々に解除されていくと思いますので、先ほども書きましたが、新たな仕組みを考えてみる必要があるのではないでしょうか。これから益々進んで行く、少子高齢化社会を見据えた仕組みの構築こそ急務だと思います。

おかしいじゃろ!

[ 2023年1月30日(月) ]

事情からお話しないといけないので、少し長くなりますが書かせていただきます。知人の年老いた両親は庄原市の山の中でひっそりと暮らしています。若い頃は地域のお年寄りたちの世話を一手に引き受けていましたが、今では一番の高齢者となり、三次に住む知人が時々帰っては買い物等で生活を支えています。

「聞いて下さいよ。封を切らない封筒があるので開封すると、なみかカードがどうのこうのと書いてあるから、カードを紛失しており手続きの仕方を商工観光課に電話して聞いたら云々」と言い始めました。カードの再発行についてやり取りした内容を話すのですが、問題は、封筒を開封もせずにいる高齢者は蚊帳の外かというお話です。

高齢者だけでなく、若い人でも忘れることだってあるから、これって公平じゃないと。ましてや、この地域には買い物ができるお店がないのだし、親は免許返納しなさいと言われるから返納したから、どこにも行けない。ましてや、タクシーの移動なんて地域にはタクシー会社はない。これって息子の責任ですかね?って言われてしまいました。

どうして口座に振り込む様にしないのですか?カードで支援にならない人たちに対する支援はどうするのですか?知人が言うことは至極真っ当なことであり、「頭に来て議員さんに相談したのだから、何とかしなさい」と言うのだが、不平等があってはならないので、救済策は考えなければなりません。最初の制度設計に無理があったとしか言えません。

それから、親の介護についても意見交換したのですが、今の仕事を辞め、三次を引き払って庄原に帰ることはできないから悩んでいるとも言われました。両親も山の中で何も無くても、慣れ親しんだところだから離れることは考えていないそうです。こんなご家庭が結構あるのではないでしょうか。セイフティーネットって言葉だけでは駄目です。

庄原市キャッシュレス決済推進事業 「な・み・か」「ほ・ろ・か」カードプレミアムポイント付与事業の実施について←クリックすると内容が見れます。

会派勉強会でした

[ 2023年1月27日(金) ]

昨日は、地域政党きずな庄原議員団の会派勉強会でした。主な内容は、2月2日からの会派視察のことだったのですが、事前学習していないと視察先に失礼ですから質疑できる程度の知識は入れましたが、程ほどが良い様です。

これまで多くの自治体や関連団体、企業等の視察を行ってきましたが、視察に行く際に、何を聞きたいのか、何を知りたいのか等、明確な視察目的を相手側に伝える努力をしてきました。相手側も、折角、遠方から来られるのだからと、出来るだけの準備をして下さいます。これって、お互いの勉強になることでもあります。

今回は山形市では自転車配車アプリを使って、実際に電動アシスト自転車に乗って町の中を移動します。つまり、使い心地を知りたいのです。本市の場合、自転車を借りたところに返却しなければならないので、利用が低迷しています。補助金で自転車を入れれば良いという発想だけでは利用にはつながりません。必要な人が必要な時間だけ利用するです。

青森県北津軽郡板柳町は、りんごの産業化です。りんごだけの市場が板柳町にはありますが、凄いことだと思いませんか。昨日のブログにも書きましたが、青森県のりんご生産量は日本全体の約6割ですから取り組みが違うことは分かっていますが、最初は苗木3本からのスタートだったそうです。明治時代からコツコツと諦めず続けてきた結果です。

今はスマート農業がもてはやされていますが、下働きがあるからこそ果実は実をつけるのです。

寒かった

[ 2023年1月26日(木) ]

10年に1度の寒波襲来と言われましたが、10年かどうかは別として、寒かったですね。昨日より今日の方が気温も下がり、会社の洗車機も凍結しましたが、ルーティンワークですから何とか水が出る様にして洗車しました。

我社は雪が降ろうが雨が降ろうが槍は降らないけど、毎日洗車を実践しています。これはイエローハットさんから学んだ実践です。今朝は雪が殆ど積もっておらず、楽でしたね。昨日は朝早くから除雪機を動かして道路の除雪を行いました。しなければしないで構わないのですが、出来る機械とできる時間があれば、Goです。

今日の午前中は、「森林境界明確化」についての勉強会を予定していたのですが、講師の方が広島市内ということから雪道で事故があっても何ですから、延期としました。我々にとっては、「この程度の雪」なんですが、ニュース映像を見れば、「怖い怖い」となるみたいです。確かに、中国道や山陽道が大渋滞すれば・・・・。

実は会派で2月2日から2泊3日で、山形市と青森県北津軽郡板柳町に視察に行きます。こんな寒い時にと思われるでしょうが、冒頭の洗車ではありませんが、思い立ったが吉日ですからね。山形市は自転車の配車アプリを導入して公共交通と連動した取組をされていますが、企業も巻き込んでいる点が素晴らしい。

板柳町はりんごの町として有名で、高野町や東城町小奴可のりんご農家さんが産業となるにはどうしたら良いか探りに行きます。りんごの生産高は、全国75.6万トン 青森県44.6万トン 板柳町2.7万トンと、板柳町が全国の3.6%を生産しています。全国で初めて「りんごまるかじり条例」を制定したまちとして有名です。