Windows 10

[ 2018年6月12日(火) ]

勝手にパソコンのOSがWindows10になってしまったが、問題なく使っていたが、バージョンアップをしなさいと何度もメッセージが出る様になったが無視していたらややこしいことになった。私のパソコンを勝手にもてあそぶなと言いたいが、誰に?

勝手にWindows10になりながら、所有者は現状で問題なくつかっているのに、「バージョンアップしなさい」と本当にしつこい催促には、「勝手なことを言うな」と独り言を言いながら完全無視を貫いていたのです。そうしたら、Microsoftのアカウントが乗っ取られたとかパスワードを変更しろとか、「ワシは知らん」と言ってもいよいよ動かなくなってきた。

その挙句に、バージョンアップのための設定を何度もやり直すことになってしまった。通信の設定、ブログのパスワード変更、Facebookもやり直し、お陰でパソコンは生まれ変わった様に思う。本当はパソコンを新しくしようかと考えていたので、「まあ、ええか」で終わった。私は1台のパソコンでも右往左往ですから、MIZUHOさんはさぞかし大変でしょう。

しかし、私ごときにハッカー攻撃とは思えませんが、結構色々な人たちとメールのやり取りとかするので、特に外国とすると、必ず変なメールとかがやってきます。そして、アンチウィルスソフトがフル回転を始めるのでパソコン重くなります。これで暫くはパソコンも大人しくしていてくれるでしょう。私には、勝手に考えて行動するパソコンは必要ありません。

セパ交流戦

[ 2018年6月9日(土) ]

パリーグの球団ばかりが目立つ交流戦となっていますが、カープはボチボチというところでしょうか。昨夜は久々にスッキリした勝ち方でお酒が美味しかったですね!ただ相手が最下位の楽天ですから、何とも・・・。しかし、今日はエースの投げ合いです。

楽天のベンチに見た顔があるじゃないですか。カープで活躍した栗原健太が打撃コーチに就任していました。また、先日のライオンズ戦には赤ゴジラと呼ばれていた嶋重宣さんが打撃コーチでベンチにいましたね。西武の打撃好調は嶋さんの手腕と専らの評判です。栗原もそういって貰える様に頑張って欲しいものです。

今日はジョンソンと則本ですから投手戦となると思いますが、ジョンソンは初回が問題です。まあ、救いは晴れていることです。しかし、楽天はどうなっているのでしょうか。サッカー部は年棒32億円の選手を獲得して話題ですが、野球部はパッとしません。恐らく来期は現役大リーガーを2,3人獲得するのでしょう (^_-)-☆

それに引き換えカープの低年俸選手が活躍すること、他球団からすると、「なんでやねん」でしょうね。丸が完全復調しましたので、これからは快進撃です。何と、三次出身の永川が2シーズン振りに投げました。梵が引退して寂しく思っていたところに永川の復活ですから、県北のファンは、「涙」「涙」です。

安部外交?

[ 2018年6月8日(金) ]

国内では相変わらず、「森友・加計問題」で前に進むことができない安倍さんですが、外交で点数を稼がなければと必死です。どれ程の信頼関係があるのか分かりませんが、トランプさんとの会談では悲壮感さえ感じられました。

何としても拉致被害者を日本に連れ戻すという姿勢を鮮明に打ち出すことで国民にアピールしたいのは理解できますが、利用しているとも取れます。米朝首脳会談が近づくにつれ、中国や韓国、ロシアなどは直接、北朝鮮を訪問して影響力を国際社会にアピールしていますが、日本だけ蚊帳の外ですので、頼みの綱はトランプ大統領のみです。

最終的に日本には高額な請求書が送られて来ることになるのでしょうが、名目は戦後賠償となるのか、経済支援となるのか、トランプさんは、「日本は財布」と言っているとの噂もあります。外交までも取引にしてしまうトランプさんですが、政権内でもそれぞれを競わす様な言動が目立ちます。本当にこれまでにはいなかった異質のアメリカ大統領です。

実は、手詰まりの安部外交というのが正解みたいです。中国は全くダメ、韓国は今回も中国ベッタリ、ロシアにはもてあそばれ、政治主導の外交とは言えぬ、民間企業頼みの日本丸としか私には思えません。「森友・加計問題」で国会審議の殆どの時間を浪費した訳ですが、現場から外国に逃げていては何も解決しません。北朝鮮showが終われば、次は何を言うのかな。

熾烈な競争

[ 2018年6月7日(木) ]

昨日は会議で尾道に行ったのですが、驚くことがありました。それは、いつも食べる回転寿司が、「本日休業」だったことと近くにある100円回転寿司の駐車場は車だらけだったこと、ヤマダ電機の向かいの書店がエディオンに生まれ変わっていたことです。

尾道と言っても松永に近い高須辺りなのですが、特に飲食店がコロコロ変わります。昔はそれほど飲食店も無かったのですが、ここ近年は、FC店がドンドン増えていっています。昔からのレストランというか食堂系は淘汰されました。因果関係は分かりませんが、コンビニも長続きしない地区となっています。

時代の流れといえばそうなんでしょうが、塩田の跡地に卸団地ができたり大型のショッピングセンターなどができると住宅街までできてしまいました。東尾道駅周辺にも飲食店が凄い勢いでできています。利用者側からすると選択の幅は非常にある訳ですが、店側からすると、繁盛店が現れると一気に廃業となる危険性を秘めています。

家賃を払って人件費を払っているでしょうから、資金的に余裕がある経営者はそれほどいるとは思えませんので、「今度は何の店になるのかな」ってことになります。先月行った明治大学周辺ではカレー屋さんが滅茶苦茶増えていましたが、流行りでしょうかね。それもかなり窮屈な広さのお店ばかりでしたので、人件費をかけない作戦とみました。

かなり整理できた

[ 2018年6月5日(火) ]

会社の事務所の整理整頓は連休中に行ったことはブログに書きましたが、実は自分の事務所もボチボチ整理整頓していました。これまでは収納場所を確保して書類や本を入れていたのですが、今回は本当に思い切って断捨離しました。

断捨離の本来の意味は難しいみたいだが、捨てることを優先する整理整頓みたいに私は解釈している。確かに古いものが沢山ありました。残していながら、その時以来、見ていない書類が山の様にありました。仕分けしていても見なかったらただのゴミです。「いつか役に立つ」というのは大抵、嘘ですね。

廃棄する資料をリサイクルプラザ横の古紙再生業者に持ち込んだのですが、古紙の量がドンドン増えていっている感じを受けます。そして、会社の燃やせるゴミをクリーンセンターに持ち込んだのですが、紙類が確実に減っていました。入口には段ボールを入れるためのコンテナが置いてあり、分別の指導をしているみたいです。

分別するのは環境にやさしいことは理解できますが、分別したものの置き場の確保、持ち込みに要する時間など、負担も重くなります。シュレッダーダストも引き取ってくれますが、他の会社はどうされているのでしょう。今日はトイレットペーパーを4個頂きましたが、持ち込んだ本などの資料にかかった購入総額は、数万円ではきかないと思いますので、超高級トイレットペーパーです!