今日は特別な日

[ 2018年8月6日(月) ]

私は被曝2世です。母親が原爆が落とされた翌日に広島市に姉妹の安否確認に入りましたので、「入市被曝」です。母の姉二人は広島市内で結婚して暮らしていましたが、直ぐ上の姉は妊娠中であったので従姉は「胎内被曝」で生まれました。

その姉の主人は被曝して九死に一生を得ましたが火傷が酷く治療もままならないので母の兄がリヤカーに載せて我が家に連れ帰り医者通いの結果、働けるまでに快復したそうです。その伯父さんは定年まで会社勤めをしましたが、原因不明の病気で亡くなりました。伯母は90過ぎで亡くなりましたが、胎内被曝で生まれた従姉は今も元気で暮らしています。

私はその伯母の家に夏休みになると泊まりに行っていましたが、丁度、比治山の麓に住んでいたので、ABCCに多くのアメリカ人が働いていたことを良く覚えています。当時は、治療法の研究をしているものと聞いていましたが、そうではなかったと知った時には凄く悲しくなりました。人体実験だった訳ですから。

今では電車に乗ってもケロイドの痕が残っている人をみることは殆どありませんが、私が小学生の頃の広島市内では多く目にしました。8月6日の午前8時15分は、どこにいても黙とうするのが当たり前と思っていましたが、大学で大阪にいた8月15日は誰も立ち止まって黙とうをしませんでした。これもかなりショックな出来事でした。

私は原子力発電は平和利用であり安全と思っていた時期がありますが、チェルノブイリ原発事故、福島原発事故の現状を見れば、絶対に安全でないことが理解できます。日本のこの猛暑であっても電力不足は生じていません。被爆国の日本が率先して、脱原発を実践すべきです。福島での廃炉作業をオープンにして脱原発の行程表を示すべきです。

唯一の被爆国の日本だからこそしなければならないこと、それは、「脱原発」です!

ハチの一刺し

[ 2018年8月5日(日) ]

昨日、スズメバチに刺されました。玄関を出たらいきなりハチがいたので対処のしようがありませんでした。右手首辺りを刺されたのですが、直ぐに患部をつまんで絞り出し、消毒しました。少し腫れましたが、問題ありません。

この前から玄関付近をスズメバチが飛んでいましたので、巣を作っていることは知っていましたが、早めに対処すべきでした。外から見えないので、恐らく屋根裏に巣を作っているのだと思います。以前、会社の事務所の屋根裏に巣を作ったので専門家に取って貰ったことがありますが、我家周辺は居心地がいいのでしょうかね。困ったものです。

今回のハチの一刺しはどうってことなかったですが、ブヨに刺された時は大変でした。手がグローブの様に腫れあがりましたので、休日医療センターに駆け込みました。個人差があるのかも知れませんが、私にとってはブヨの方が恐怖です。これからどうやってスズメバチを退治するかですが、巣に出入りする空間付近にネズミ捕獲用の粘着マットを貼り付けます。

そして、竹竿に殺虫剤を括りつけて一気に巣を攻撃します。そうると、一斉に飛び立とうとしたハチが粘着マットに面白いようにくっつくのです。根本的解決にはなりませんが、その巣は空き家になります。こう書きながら気づいたのですが、毎回、玄関口付近に巣をしますが、我家の玄関は独立しているので、その屋根裏が住処に違いありません。

玄関の天井板を張り替えないと中は見れません。さあ、どうしよう?

綿陽市の子どもたち

[ 2018年8月3日(金) ]

昨日、庄原市と友好提携関係にある中国綿陽市から7名の小学生と校長先生、副校長先生、通訳の合計10名が庄原市を訪問されました。小学校の規模は全校生徒数は3000名と言われていましたので、選抜された7名という数字は凄い訳です。

市役所であった歓迎会の様子は今日の中国新聞に載っていますのでご一読いただければと思いますが、生徒が自己紹介を上手な日本語で行い、終わりに深々とお辞儀したことは驚きでした。外国の方は殆どお辞儀をしませんので、練習したのでしょうね。恐らく初めての外国旅行だったのだと思いますが、庄原は凄い田舎まちだと思ったのではないでしょうか。

その後会場を簡保の郷庄原に移し、ホームステイ先のホストファミリーを交えて歓迎夕食会が開かれたのですが、子供同士はお昼に備北丘陵公園で一緒に食事をしたり遊んだりしていたそうですので非常に和やかでした。中国の子どもは全員スマホを持っており、自動翻訳アプリで会話していました。中国の携帯会社が大躍進している筈です。

日本についての感想を求められると、「衛生面が素晴らしい」という言葉がありました。確かに中国の衛生面はお世辞にも褒められたものではありませんので、本当に驚いたのだと思います。ウォシュレット便座を購入したいと言ったかどうかは分かりませんが、間違いなく新鮮な驚きだったことでしょう。

命(いのち)

[ 2018年8月1日(水) ]

お隣の親父さんが81歳で旅立たれました。私が子供の頃から大変お世話になっていた親父さんで、若い頃は野球が抜群に上手なホームランバッターでした。聞けば、有名大学から勧誘があったそうですが、農家の長男だからと諦めたそうです。

確かに当時は、農業で生計が立てられていたのだそうですが、程なく、山仕事や出稼ぎに行く様になったそうです。「農業で飯が食えると言われて農業を継いだが、嘘だった」と溝堀などの共同作業の時に言ってたのを思い出します。丁度、日本の高度経済成長時代を生き抜かれた世代だと言えますが、時代に翻弄された世代とも言えます。

冒頭にも書きましたが、兎に角、野球は上手でした。お姉さんも実業団でソフトボールをされていた程ですが、ご両親は何の運動もされたことはないそうです。どのくらい前だったでしょうか、2型糖尿病になった頃から少しづつ体調を崩されていき、低血糖で緊急入院も何度かされました。好きだったお酒も止めて療養されていたのですが・・・

「高正、飲み過ぎるなよ」と言われていた私ですが、応えます。ついこの前病院で、「頑張ろうね」と言うと、笑顔で返してくれただけに残念でなりませんが、大好きだったカープの快進撃が続いていますので、きっと天国で声援を送っていることと思います。ご冥福をお祈りいたします。

猛暑復活

[ 2018年7月30日(月) ]

これまでに経験したことのない台風のコース取りに自治体は右往左往させられましたが、西日本豪雨災害で被災した地域は殆ど台風の影響もなくホットしました。本当に大雨が降ったならと想像とするとゾットします。

今も九州や四国に停滞している台風ですが、これまでの台風の進路とは大きく異なります。気象庁の方はそれなりに理由をつけて解説されますが、どう考えてもおかしい動きと私には思えて仕方ありませんし、この連日の酷暑は尋常ではありません。それと世界各地で異常な高温が続いていることは地球温暖化の影響と思えます。

私は昨夜、お袋を叱ってしまいました。部屋に入ると部屋の温度が20度になっているではありませんか。「暑かったけえ変えた」と言うので、「勝手なことをするな」と怒鳴りました。お袋の体感温度が私たちとは明らかに違うことが往々にしてあります。温度に対する体の反応が鈍いことで、時間差が生じるみたいです。

熱中症予防のために水分補給を頻繁に行って下さいと言われますが、高齢者は中々水分を取ってくれません。それは、トイレの問題も抱えているからです。頻繁にトイレに行けば体力も消耗します。まだまだこの暑さは続くみたいですが、体力的に弱っている人は絶対に戸外で活動しないことです。それこそ、「命取り」になりかねません。