18日も同窓会

[ 2018年2月12日(月) ]

10日に広島市内で「三次高等学校 広島同窓会」が開催され、300人を超す同窓生が集いました。開会宣言を同窓会会長の浅原利正さんが行い、来賓挨拶は三次市長 増田和俊さんだったのですが、二人は作木出身であり、小・中・高と同級生です。

型通りの総会をが終わると、懇親会となりました。私達、昭和48年卒は13名が集まりましたが、いつものメンバーですから直ぐに宴会モードに突入です。そして、(噂によると)1升1万円の三和桜をガブガブですから、贅沢千万です。三和桜の社長が同窓生ということで、ご無理を言ったみたいです。

私は、18日に開催する、「庄原巴峡会」のメンバー集めに会場を右往左往していたのですが、お陰で4名ゲットできました。全ては、三次高等学校創立120周年のためなんですが、それぞれの卒業年度が競う様に基金を集めたりしていますが、庄原は一本化して同窓会として取り組むことにしています。ですから18日の参加者が、4月21日の記念式典参加を呼び掛けるという段取りです。

今回の最年長参加者は92歳でしたが、旧制中学校卒や高等女学校卒の方々は非常に少なくなりました。しかし、3校の校旗を掲げ、3校の校歌を歌うことは正に三次高等学校の伝統であり、これからも永遠に引き継がれていきます。18日の庄原巴峡会でも、ほぼ同じ進行になろうと思いますので、予行演習をさせていただきました。

明日は同窓会

[ 2018年2月9日(金) ]

明日は広島市内で、三次高等学校 広島同窓会が開催されます。毎年、この話題をブログにするのですが、ほぼ毎年同じメンバーが集まって、昔話に花を咲かせます。今年も10名以上20名以下の同級生が集まると予想されます。

庄原支部の同窓会も18日に行うのですが、同窓会もやくざな世界で、義理と人情で運営している部分があります。明日も三次の同窓会本部役員は広島に参加されますが、8月の三次の同窓会には広島から応援団がやってくるという構図です。特に今回は、4月21日の創立120周年がありますので、特にその傾向を強く感じます。

しかし、運営する側からすると、近年の同窓会の状況は大変に厳しいものがあります。高齢化という問題と、若者の同窓会離れです。平成1桁の卒業生は何とか話は聞いてくれますが、平成2桁となると・・・。しかし、50歳を過ぎた辺りから、同級生が急に懐かしくなってくるものですから(私の個人的見解)、大切にした方が良いと思います。

明日は全体では300名からの同窓生が集いますが、当番幹事の学年が2割程度を占めるのではないでしょうか。広島在住の同窓生が集まり易いから広島開催の筈なんですが、結構、遠方から集まってきます。それは、交通の便が良いからなんです。我々の同級生が何人集まるのかは知りませんが、幹事の中村くん、「宜しくお願いします」。

やはり、ポリープでした

[ 2018年2月8日(木) ]

昨夜は、午前12時30分、午前3時30分、午前6時30分の3回、便意を促しトイレに急行しました。午前8時過ぎに庄原赤十字病院に着き、先ずは採血。そして9時30分から下剤1ℓをおよそ2時間かけて飲みました。

今日は3名が大腸検査を受けたのですが、初めては私だけで、2名は慣れた様子でした。5~6回のトイレ通いでOKが出て、いよいよ、お尻に穴があいたパンツに履き替え手術台?に乗りました。正直な感想ですが、「胃の内視鏡検査に比べれば、楽勝」でした。担当のM医師の力量もあるのでしょうが、痛みは全くありませんでした。

「林さん、あるよ」って先生が言うので、モニターを見ると、ポリープが写っているではありませんか。結局、肛門付近から奥までに大小合わせて6個程度のポリープが見つかりました。検査後の説明によると、最大は10㎜程度で、最小は2㎜程度とのことで、緊急性はないけど、早めに内視鏡で切除することで合意しました。

ポリープを拡大して説明して下さったのですが、血便になる原因のポリープが特定できました。僅かですが、出血らしき模様がついていました。痛みもないので、痔による出血だろうと勝手に解釈していると大事になるところでした。手術はポリープが多いので、2回に分けてすることになるみたいです。スケジュール的には、先ず、3月末に1泊2日で行います。

明日は大腸検査

[ 2018年2月7日(水) ]

人生で初めてお尻の穴からカメラを入れます。今日の夕方から明日に備えて軽い下剤から飲み始めます。明日は日赤で、午前中から下剤を飲み続けて午後からの検査を待ちます。検査を受けるということは、思い当たる節があるということです。

あまり具体的に書くことは憚られますので大雑把に書きますと、時々、便に血が混じるのか、どこからか出血があるのかという程度のことが起きる様になりました。痔である可能性も高いのですが、外的には患部も見えず、内部を疑うこととなりました。まあ、スッキリさせたいので、ここは思い切って大腸検査を受けることにしたという次第です。

胃潰瘍は何度も内視鏡で手術していますが、大腸は曲がりくねっており検査自体も大変みたいです。多分、ポリープは無いと思うので、検査が終われば帰ってくる予定です。万一ポリープがあれば、治療法については検討することとしています。しかし、昨年末からの体調不良も今では何ともなくなっておりますが、原因不明が一番心配です。

諸悪の根源である暴飲暴食を控えれば体調も数値も良くなることは分かっていながら、改善しない私が一番悪いのです。医療費の上昇を抑制しなければならない立場にありながら、ノー天気親父にも困ったものです。煙草を吸う人は段々と肩身が狭くなっていますが、飲酒に対しては寛大過ぎるのかも知れませんね。

分かっているなら、止めろ!

広島とんぼ返り

[ 2018年2月6日(火) ]

広島県庁に用事があり8時のバスで出かけ、12時20分広島バスセンター発で庄原に帰って来ました。Aシティー経由のバスだったのですが、積雪のために五日市インターで降りました。帰りはAシティーを通りましたが、路上に雪が結構残っていました。

広島近郊に雪が降ると交通機能がマヒするとまではいかなくても、かなりの遅れがでます。冒頭に書いた、Aシティーがある西風新都は坂道のあるまちですから、上るにも下るにもフリップの危険があります。ですので、坂に面した会社等はお休みとなっていました。まあ、働く人が来れなければ万事休すですよね。

昔だったら、この程度の雪だったら自家用車で広島往復なんてへっちゃらでしたが、安全策をとる様になりました。確かに雪道を走ると気分を使いますが、バスだったら、寝ることだって本を読むことだってできますので、時間が有効に使えます。それにしても、広島市内を走るバスの多くがチエーンを巻いていたのにはビックリでした。

先月の東京出張の時にもチエーンを巻いたトラックやバスを見ましたが、東京なら、「そうよね」だけど、広島市内では少し違和感を感じるのは何故でしょう。広島市内の乗用車でスタッドレスタイヤは少ないかも知れないけど、バスやトラックはスタッドレスタイヤに交換すべきだと思います。特に緑ナンバーはね!