台風19号

[ 2019年10月15日(火) ]

各地に甚大な被害をもたらした台風19号ですが、「避難してください」だけで本当に良いのかと思えてきました。地球温暖化の影響もあり台風も大型化してきているみたいで、生半可でない雨量となっています。

これまでの雨量で計算されていた川の堤防の嵩では十分でないことが今回の台風で証明されたのではないでしょうか。冒頭にも書きましたが、温暖化による異常気象とは言え、頻度が増していますので、防災対策+温暖化阻止を徹底していかなければなりません。ましてや、南海トラフ地震がかなり高い確率で発生すると言われていることを考えると、背筋が寒くなります。

今回の災害は一種、人災であるのかも知れません。恐らく、危険性が指摘されていた堤防もあったと思います。河川に堆積している土砂や立木も相当に影響したことは間違いありません。山の手入れをしないから表土が流されて川に入ります。「大丈夫だろう」という言葉で納得することを止めなければ、もっと大きな犠牲を払うことになります。

風は防ぎようがないかも知れませんが、山の手入れ、水路の拡幅、川の浚渫等により水を制御することはできると思います。話は変わりますが、NHKの日曜討論を見ていて情けなくなりました。「素人でももっとまともなことを言うで」と感じたのは私だけではなかったでしょう。正に、机上の空論ばかりで、不断の勉強不足を露呈していました。

困った台風です

[ 2019年10月11日(金) ]

友人の娘さんが13日に横浜で結婚式をあげます。友人夫妻は、13日に広島から飛行機で行く予定だそうですが、羽田空港が閉鎖される可能性もあり、新幹線も12日の運休がほぼ決まっていますので、四面楚歌状態だそうです。

今更、延期することもできないでしょうから、新婦のご両親や親族が誰もいないという結婚式と披露宴の可能性もあります。友人は、「最悪は、レンタカーで横浜まで行く覚悟はある」と言っていますが、親としては行くことが最優先ですよね!まさか、大型台風が関東圏に来るとは、誰も想像していなかったことですが、結婚式や葬儀の人たちも相当数いるでしょうね。

前回の台風で甚大な被害を被った千葉県にも台風19号は向かって行く気配ですが、早めの避難しか対策はないと思います。屋根が吹き飛んだ家にブルーシートですから、今度は家ごと吹き飛ばされてしまう危険性があります。私は13日に川本さんが立候補する廿日市市長選の出陣式に行くのですが、台風がそれてくれるので、屋外で行えるでしょう。

新幹線などが計画運休されますが、仕方ないことなんでしょうが、怖いのは事故です。誰も台風が来るのが分かっていたら行事を入れることはありません。ラグビーワールドカップも何試合か延期になるみたいですが、選手は大丈夫でも観客が来れないから仕方ないですね。ということで、本当に困った台風という嘆き節でした。

困ったときの みやざき中央新聞

[ 2019年10月10日(木) ]

今日のブログネタはと考え始めると、書けなくなってきます。そんな時は決まって、「みやざき中央新聞」を読み返してみることにしています。そうすると、「そんな考え方もあるのか」と、凄く楽な気持になるのです。

アーカイブスコーナーにあった今から9年前の水谷編集長の記事ですが、声を出して笑ってしまいました。フォークグループ「海援隊」が売れない時期のエピソードです。今までで一番やりにくかったコンサートは、とある特別養護老人ホームでの慰問コンサートだったそうです。最前列に4台のベッドが置かれ、目を閉じて動かないまるで遺体のような前で歌っていたそうです。

そうすると、その中の1人の目が開き、首を90度起こし、武田さんの方を向きこう言ったそうです、「ちょっと静かにしてください」。その他にも面白い話がありましたが、苦い思い出を笑い話にできるようになるということは、挫折や苦悩は更なる成長のためにあるのだと結ばれていました。この記事に興味を持たれた方は、「みやざき中央新聞」🔍で、見本誌をお願いして下さい。

私がこの新聞を購読するようになったのは、友人からの勧めでした。面白いから読んでみなさいと言われましたが、不思議な新聞でした。新聞といってもポスター程度の大きさの裏表だけの紙面という、「大丈夫かいな」という感じですが、記事はほんわかと温かいものばかりで、直ぐに虜になってしまいました。

月4回発行で、1か月1,000円とう低価格(送料込み)でもあります。新聞社の手先ではありませんが、広めたい気持ちです。

草刈り問題

[ 2019年10月9日(水) ]

昨日の獣害問題も元をたどれば草刈りに行きつきます。私が子供のころは、どの家でも和牛を飼っていましたので、山草や畔草は競って刈って持ち帰っていました。ですから、山の中も田圃の畔も本当に見事なほどきれいに保たれていたものです。

山草は牛の寝床になり堆肥となり、畔草は牛の餌になっていました。草が生えない時期は稲わらを牛舎に敷いたり、カッターで切ってふすまを混ぜて餌として与えます。ふすまは購入しますが、その他は全て自然循環から手に入れたものばかりでした。甘藷やカブなども小さく刻んでやっていましたね。これらは子供の仕事でした。

当時は、イノシシもシカも全くいませんでしたし、山の中で見かける動物は、野ウサギやキツネくらいだったと思います。たまにイタチが悪いことをしたりしていましたね。亡くなった祖母の弟が鉄砲を撃っていましたので、冬場にイノシシの肉や野ウサギの肉を貰って食べることがありましたが、本当に貴重品でした。それと、卵を産まなくなった鶏も胃袋に収まっていました。

話がそれてしまいましたが、今の様な荒れた田圃や山は皆無でしたね。里山の木は燃料ですし、落ちている枝などを集めるのは子供の仕事でしたから、裸足で山の中を歩けるほどでした。獣と住み分けができていましたから、里に出てということはなかったですね。ということで、農林業の衰退により草刈りをしなくなったけど、景観の観点からと獣害対策から草刈りをしなければならなくなっている現実があります。

農文協の雑誌に、これからはリモコン式草刈り機の時代かも知れないという記事がありましたが、凄い勢いで普及すると思います。デンマーク製の機械ですが、これなら里山の下草刈りにも使えそうです。

獣害対策

[ 2019年10月8日(火) ]

イノシシ対策で山のバッファゾーン整備を行いましたが、集落の半分は未だに木が生い茂っています。この冬に残りの山もバッファゾーン整備の予定としていましたが、今度はシカが出没し始め、野菜作りを止めようかと悩む人もいます。

我が家の田圃にもシカが入りました。最初は、イノシシだろうと思っていたのですが、田圃の中に入って運動会ではなく稲を所々倒しているので、シカという判断になりました。恐らく飼料米のために稲穂の味が悪かったのでしょう。冒頭にも書きましたが、僅かな自家菜園を全て食べられた人もあります。

恐らく、シカは備北丘陵公園付近で繁殖しているのではないかと思えます。シカの経路をみると、公園周りから県大通りを渡り、池内地区の山に入って私たちの集落に来ているみたいです。ですから、イノシシのバッファゾーン整備よりも広範囲に山を整備しないと効果は低いのではと考えられます。

以前、京都府日吉町森林組合の視察に伺った時、傍を車で走っても逃げもしない多くのシカがいることに驚きましたが、このまま対策もせずに放置しておけば、ドンドン増えることは間違いありません。ここ近年の安芸高田市や三次市のシカの捕獲頭数はうなぎのぼり状態ですからね。悠長なことは言っておれないので、早速、安芸高田市にシカ対策の勉強に行きます。

私たちの基本的考え方は、捕獲ではありません。環境を整備しながら、人間と獣の住み分けを実践していきたいと考えています。そうしないと、シカの次はサル、サルの次はクマと、動物ワンダーランドが出現してしまいます。