豪雨災害を実感

[ 2018年7月20日(金) ]

17日の午前5時40分に我が家を出発し空港へと向かいました。フライトロードが通れる様になったとFacebookにアップされていたので安心して走っていると、「通行止め」という看板が出現。頭はパニック!車に乗っていた4名が出した結論は。

先ず、世羅に行く。尾松線に乗って山陽道経由で空港を目指すというものです。結論から言うと、時間的に余裕をもって出ていましたので7時35分発の便でしたが30分前には着くことができました。県のHPでも確認したのですが、何で、「通行止め」だったのか分かりません。山陽道が通行できる様になっていなかったら、完全にアウトでした。

山陽道を走っていると豪雨で崩落した箇所が多くありましたので、改めて被害の甚大さを実感しました。私たちは本郷で降りたのですが、出口付近は大量の土砂を撤去したばかりという感じでしたので、「昨日だったら通れなかったか分からないね」と言ったほどです。空港売店は断水の影響で全て閉まっており、ゴーストタウンと化していました。

無事に離陸し羽田空港へと着きましたが、羽田空港も陥没した箇所があったそうで、かなり広い範囲の舗装をやり替えてありました。それはそうと、直下型の地震が東京を襲った場合を想像すると空恐ろしいものがあります。東京に住み続けて大丈夫という保証はどこにもありませんが、怖くないのですかね?

明日から東京

[ 2018年7月16日(月) ]

豪雨災害で行けないかと思っていた東京での研修に行けることになりました。明日乗る飛行機は今朝は飛ばなかったのですが、明日からは飛行が可能となるそうです。フライトロードも昨日から復旧しましたので、有難い限りです。

明日と明後日、日本青年館で開催される「清渓セミナー」にはできる限り参加することにしています。毎回、選りすぐりの講師の先生が講義をして下さるのですが、今回も議会改革で有名な会津若松市議会の目黒章三郎議長の講義、「住民主体の議会改革とは何か」との演題で法政大学の廣瀬克哉先生が講演されます。廣瀬先生は以前、庄原市議会に講師としておいでいただいています。

2日目は、清渓セミナーを引っ張って来て下さっている福岡政行先生の講義、総務省自治財政局財政課長の大沢博さんの講義、最後はお馴染みの片山善博先生の「真の地方創生と議会の役割」と題した講義があります。今回は、「住民主体の議会改革」がテーマのセミナーとなっていますので、全国各地から集まった100名の議員と大いに議論してみたいと思います。

そして、19日は国交省と林野庁との合同勉強会です。これまでずっと勉強してきている境界明確化事業と地籍調査事業について省庁の専門官たちから現状と課題、方向性などについてレクチャーを受けます。本日の中国新聞にも地籍調査に関する記事が載っていましたが、2020年に大きく流れが変わるみたいです。やっと日本の山の木が動き始めます。

高校で議会報告会

[ 2018年7月14日(土) ]

12日に東城高校の3年生を対象にした議会報告会を開催しました。厳密には、議会報告会ではなく意見交換会でした。予め生徒たちが話し合って決めた3つのテーマにそって議員2名と生徒6~7名を1班として意見交換しました。

テーマ1「高校時代の過ごし方で大切なこと」、テーマ2「庄原市の魅力は何か」、テーマ3「庄原市を活性化させるためにはどうするべきか」という3題でしたが、私たちの班はテーマ1~3までトータル的な話になりました。テーマ1の高校時代の過ごし方と言いながら既に3年生ですから、進路が話題の中心となりました。

女子生徒3名と男子生徒4名だったのですが、女子生徒は将来設計がしっかりしていました。それに比べ男子生徒は、私もそうだったのかも知れませんが、まだまだ遊びたいというのが本音みたいでした。テーマ2に関しては、東城高校応援隊が作った「魅力発見!庄原のベストスポット」という観光パンフレットの制作過程を発表してもらいました。観光と言う観点から庄原市の魅力を探った力作であり、大人にない視点を感じました。

テーマ3も観光による活性化策を中心に話し合いました。東城高校は台湾の高校と交流しているそうで、外国の観光客を視野に入れたFacebookやInstagram、Twitterによる情報発信を積極的に行うべきとの提案もありました。特に東城のキレイな星空やホタルなどを売り出してみたいというアイデアなどを自分たちで情報発信してくれることを期待しています。

主権者教育の一環として始めた高校での議会報告会ですが、今回で3回目となります。年度内には高校生議会の開催を議長が提案していますので、もっともっと若い人たちの意見を市政に反映できる仕組みを模索していきたいと思います。

色々と感じること

[ 2018年7月11日(水) ]

晴れた穏やかな府中町の町中を流れる榎川を突然に猛烈な勢いで濁流が流れ始めた訳ですから、住民の皆さんはただただ驚くだけだったでしょう。そして、流木が橋の欄干に堆積されダムになったことで濁流が街中に流れ出ていきました。

雨も降っていない静かなたたずまいの府中町に避難を促すサイレンが鳴り響いても、「何事」って誰もが思うのは当たり前です。砂防ダムがあったのかどうかは分かりませんが、水分をタップリと含んだ山肌が一気に崩落したものと思います。唯一の救いは、夜間でなくお昼だったことです。それと、多くの救助隊が残っていたことも幸いしました。

今回の災害で困ったことは、道路が寸断されている箇所が分からなくて目的地に着けなかったことではないでしょうか。トヨタのアプリで通過できたヶ所と通れないヶ所が表示できるものをニュースでやっていましたが、これは便利ですね。無人運転装置云々の議論もありますが、災害時には恐らく役に立たないと思います。

大きく報道され始めている断水問題ですが、水が豊富な日本と思っていましたが、水がありながら送れない現実に唖然です。人間だけでなく、家畜たちの餌や水は確保されたのでしょうか。考えれば切りがありません。国土強靭化と言うなら、ライフラインの見直しは急務です。戦後作られた構造物の耐用年数を既に超えているのでは?

災害は防げないものもありますが、備えることはできます。もう一度自分たちが暮らしている地域のライフラインの点検を含め検証すべきではないでしょうか。都市部が孤立するという現実があることが証明されました。

ただ、人間のやさしさや連携、信頼というものは全く失われていないということも実感しました。

議会報告会は延期

[ 2018年7月9日(月) ]

始まったばかりの「庄原市議会 議会報告会」ですが、各地で災害が多発しており復旧のめども立たない状況ですので、当面、延期とすることになりました。今回の豪雨による災害は東城地域が酷かったみたいですが、未だに全容が分かっていません。