低い投票率

[ 2019年4月22日(月) ]

三次市長選63.36%(72.45%)、尾道市長選57.70%(64.49%)、大崎上島町長選73.59%(76.52%)、呉市議選48.08%(50.04%)過去最低、東広島市議選41.69%(46.65%)過去最低、尾道市議選57.70%(64.50%)。

低い投票率は何も広島県だけの問題ではなく全国的な問題ですが、政治不信で片付けても良いのでしょうか。選挙をする度に投票率が下がっている現実をどう分析すれば課題解決の処方箋がでてくるのか、考えながら私の私見を述べてみたいと思います。先ず、政治が住民主体と言いながらそうなっていない現実があると思います。

各市区町村に下りてくる上位法(法律、政令、省令、布令)によって自治体のやるべきことを規定、あるいは制限しています。これは完全な縦割りで、逆らうことはできません。一方、各市区町村には条例と規則があり、条例は議会で制定される法律で、規則は知事や市長などが定めるものです。条例と規則は横関係と言われています(二元代表制だからです)。

ここからが本質かもしれないと私は感じているのですが、立法府の国会と地方議会を比較することは適当ではありませんが、立法府の社長は1人ですが、自治体には2人の社長が存在します。つまり、自治体の首長も議員も住民から直接選ばれた住民代表なので、どちらも社長といえます。しかし、住民には首長が優位と思えるみたいですが、どうしてでしょうか。

先ず、首長は基本政策を策定し、実行に移せるようにする。ここでいつも、「議会には相談がない」と議員がむくれるのであるが、はたしてそうであろうか。「私たち議員には何の相談もなくことは進められた」と平気で住民に言っている様では、議会も議員も、「信用できない」と住民は思うのではないか。挙句の果てに、議員は信用できない人種となった結果かもしれない。

議員の成り手不足をどう思う

[ 2019年4月20日(土) ]

地方議員の成り手不足が深刻さを増しています。統一地方選後半戦では、93町村議選が無投票、11市議選でも無投票当選が決まっています。広島県議選や広島市議選でも無投票当選が問題視されましたが、解決策は、立候補できる環境整備です。

18日の中国新聞島根版に「吉賀町議会活動『評価せず』5割超」の見出しには唖然としました。更に、「町議になりたいと思わない」という町民は9割近くに上るとのこと。調査は、町議会活性化特別委員会が昨年11~12月に町内の2488世帯に調査票を配り、803世帯(回収率:32.3%)から回答を得たそうです。

アンケート調査結果を見させていただきましたが、良く議論される議員報酬については、多いが40.3%で、議員定数については、多いが41.6%でした。議員のなり手不足についての回答で、「その他」と回答した73人のうち27人(37%)が現職議員の資質を指摘しておられますが、『議員になりたいかどうか』について、72人が『考えてもよい』と回答されています。

庄原市と単純比較をするつもりはありませんが、参考になるアンケート結果といえます。恐らく、吉賀町の5割以上の住民の皆さんは、何をしているのか分からない議員に議員報酬を払うのは勿体ないから、議員定数と議員報酬を減らすべきと思われているのでしょうが、はたしてこれで、問題は解決されるのでしょうか。

議会報告会は開催されていない様ですし、議員の情報発信もなされていないみたいですので、住民の皆さんは、議会や議員に対して不信感(不満)があるのだと思います。『議会だより よしか』に関しては、「よく読む」「時々読む」が92.5%を占めているという結果から、実態との乖離を感じておられるのではないでしょうか。

どうしたカープ!

[ 2019年4月19日(金) ]

今年のカープはどうなっているのと言いたい程の戦績です。5勝12敗、勝率294のダントツ最下位ですが、丸が抜けただけでこうなったのではない様に思います。私は、「運が悪い」と思う様にしていますが、皆さんはどう思われますか。

「頑張ろう」が空回りしている選手が多いだけかも知れません。こんなことを書けば選手に怒られるかも知れませんが、一流と言える選手は少なく、精神的支柱と成り得る選手は誰だろうという現状ではないでしょうか。鈴木誠也は今年は間違いなく一流に成長しました。まだまだ進化していますので、後半には超一流の仲間入りも間違いないでしょう。

野村カープから緒方カープになって何が変わったかと考えると、雰囲気が変わったと思います。理詰めの野村から大らかな緒方になり、私には選手個々が伸び伸びと野球を楽しんでいる様に思えます。しかし、今シーズンは入り口でつまずいてしまいました。4連覇と日本一という亡霊に殆どの選手が潰されそうになったのです。

そして、他のチームから徹底的に研究されていることも間違いありませんが、精神的余裕がないので、エラーをすると自分を責めます。「運が悪い」と切り替えればよいのですが、次は自分かもしれないと疑心暗鬼となるのです。しかし、一昨日の石原の一打で逆転勝ちの強いカープの姿がおぼろげながら見えた気がします。

今日は横浜DeNA戦です。大瀬良大地と今永昇太の投手戦が予想されますが、カギは松山だそうです。頑張れ!カープ!

24度です

[ 2019年4月18日(木) ]

私が住む庄原市板橋町の現在の気温は何と、24度です。暖かいを通り越して、暑いと感じます。昨日の北海道の気温は軒並み高く、7月中旬並みと報じられていましたが、庄原市も北海道並みになりました ((+_+))

自動車も冷房を入れないと暑くていけないほどです。午前中に行った葬儀会場も冷房が入っていました。5月からクールビズが始まりますが、今年も猛暑だとスーパークールビズで、短パンOKくらいになるのではないでしょうか。それにしても北海道が今の時期、27度超を記録するとは信じがたいのですが、いくつかの要因が重なると那覇よりも高くなることがあるそうです。

冷房装置が普及しており、部屋に居れば快適ですから、暑い暑いと口では言っても身体に堪えるということは殆どありません。しかし、体温調整ができ難い小さな子供や高齢者にとっては暑さは大敵となりますから要注意です。

話は変わりますが、昨日から中国新聞で岡山県高梁市の川上診療所の特集が始まりました。上・中・下の3回連続企画だそうですが、中山間地域の諸課題解決セミナーで大変お世話になった菅原医師の奮闘の様子が詳しく書かれています。菅原医師からすると当たり前のことなのですが、他の医療従事者からすると、「本当にできるの」なんだと思います。

中国新聞の回し者ですが、是非、昨日からの川上診療所の特集記事を読んでみて下さい。やればできるを実践されています。

政務活動調査研修報告会

[ 2019年4月17日(水) ]

議員全員協議会終了後に、政務活動調査研修報告会が開催されました。政務活動費を使っての視察・研修ですので、情報共有だけでなく、視察・研修を活かす道を探るということからの報告会でもあります。

今回は、山田議員が、「議会改革・政策形成レベルアップセミナーin東京」、桂藤議員が、「富山型デイサービスについて」、坂本議員が、「地方議員研究会 政策力アップ基礎講座」について学んだことを自身の報告書を使って発表しました。庄原市議会のHPに報告書はアップされています。

冒頭にも書きましたが、視察・研修に行きましただけで終わらすのではなく、市政に活かすにはどうすれば良いかという知恵を出す報告会にするために試行錯誤しているというのが現状です。議会権限の概要としては、議決権、選挙権、監視権、意見明確権、自立権の5つに大別されますが、議会独自で政策立案し執行者に迫るということにはなっていないのです。

議会と執行者は車の両輪と良く表現されますが、自治法の構成上は事務を執行する執行者の権限は広範であり、議会の権限は限定的と言わざるを得ません。庄原市議会は20人の議員ですが、相手は500人以上の職員を抱えており、難攻不落といえます。もっともっと中央政府が、動ける議会・議員であるための法整備をすべきだと思います。