どうも気が乗らない

[ 2017年12月12日(火) ]

ブログを書きかけて止めることが増えた。止めるというよりも書けないことが多くなったというのが本当のところです。日曜日、月曜日と二日連続で書けなかった。当り障りのないことを書こうとするからかも知れない。

議会のことを書くと、「天に唾する」こととなりはしないかと思い、控えてしまう。以前なら、「また林が吠えている」と言われることが一種快感でしたが、今は、「4期も議員をしていながら、何も変えられないじゃないか」という自責の念が強くなってきたのは事実です。議会改革と口では言いながら、何をしたのか。

自分の力不足を、執行者を責めることでごまかしているのではないか。自分の力不足を執行者に擦り寄ることで、「これが議員だ」と錯覚しているのではないか。心の中では、「働きもしない職員」と思っていながら、「良く頑張っているね」って更に追い打ちをかけている自分がある気がする。

今回の一般質問は、「地域おこし協力隊」について質すのですが、過去は、「導入しなさい」から始まり、導入したら、「誰が責任者」って、統一した方針が見えないことに苛立ってきていましたが、原点回帰のつもりで質問することとしています。でも、気が乗りません。議会も執行者側も閉塞感に苛まれている様に感じるのは私だけではないと思います。

各種講演会や各種イベントが連続して行われていますが、職員は疲労困憊だと思います。これって本来の業務でしょうか。働き方改革と政府は言っていますが、庄原市役所も改革しましょう。定時出退できる体制を作りましょう。結論の出ない会議は止めましょう。自分で決裁できない管理職は退場しましょう。

少し元気がでてきた気がする。

埋蔵金

[ 2017年12月9日(土) ]

全国の自治体が基金として貯めたお金が21.5兆円からあることが総務省の調査で分かりましたが、その内の5兆円余は不交付団体の東京都なんです。財務省は、これだけ貯めているなら交付税を減らすぞって言うんだそうですが・・・・

単純に思うこと①どうして東京都にはお金が集まるの?地方に配る方法はないの?②将来に備えて貯金してどこが悪いの?生活保護費と同じ解釈なの?という様なことを書きながら考えました。お金のない貧乏市町に生まれ育ったら貧困からの脱出は無理なのでしょうか。国にお金がないから地方への仕送りは止めるのですか。

衆議院選挙の公約だと○○革命で予算を〇兆円、○○改革で予算を○○億円なんて記事が紙面を賑わせていますが、その裏では、勝手に貯めたお金だからけしからんとばかりに、交付税を減らすぞってすごんでいます。地方を向くと言っていた安倍総理はどうなったのですか。田舎はどうでも良いと思っているんだろうと言われても仕方ないですよ!

問題は、お金の使い方です。努力して貯めたお金(税金)ですから、市民の役に立つ使い方が一番です。市民を置き去りにした様な使い方をしたら市民は庄原を逃げ出します。昨夜のNHKテレビで放映された邑南町に若い家族が押し寄せているのは、定住の仕組みが出来てきているからではないでしょうか。異論反論はあると思いますが、動くことが一番です。

意見交換

[ 2017年12月6日(水) ]

今日は、ある人物と意見交換しました。彼とはこれまで、世間話をする程度の付き合いしかしていなかったのですが、初めて本音でお互いの考え方などについて意見交換しました。ふるさとを愛するナイスガイだと分かりました。

別件で来たのですが、「私と話をしてみたい」的な感じを受けたので、「まあ座りんさいや」と促しました。実は、彼のお爺さんとは結構親しくさせていただいていたので、話していて、やはりお爺さんの孫だなと感じました。お爺さんは、「万年青年」と呼ばれていた程の人で、行動力は死ぬ間際まで衰えませんでした。

彼は高校から他県の学校に出ていたそうですが、ふるさと庄原に帰ることは至極当然と考えていたそうです。それは、幼少期から中学生までを目一杯、ふるさとの野山を駆け巡っていたことが、ふるさとは大好きだと深層心理に記憶されていたからかも知れないと言っていましたが、非常に興味のある言葉でした。

私も幼少期からの記憶が鮮明に残っている方で、都会では暮らせない人でした。彼とは農業に関しても意見交換したのですが、「庄原市の農業に対する本気度は低い」と感じているそうです。何をして低いのかですが、生計を立てられるものでないという認識だと思います。次回は、一杯やりながら続編をすることを約束して別れましたが、早く実現したいですね。

冷えてきました

[ 2017年12月5日(火) ]

今日も雪がチラチラしていましたが、明日はどうも積もりそうです。私の車のタイヤは未だに夏用ですが、そろそろスタッドレスに交換しなければと考えています。

先ほどくらいから急に冷え込んできました。部屋はエアコン暖房ですが、ファンヒーターのスイッチを今、入れました。用事があり福井県の友人に電話したところ、「あられが降っている」と言っていましたが、相当に寒いそうです。ついこの前まで、「暑い暑い」と言っていたことが嘘みたいですね。

雪が降ることを止めることはできませんが、出来れば降って欲しくない代物です。雪が積もると動きが制限されます。通常なら30分の移動時間も下手すると1時間かかったりしますから、仕事量が減ることは避けられません。いくらタイヤの性能が上がっても、凍結した路面は滑りますから低速が原則です。滑り出したら制御不能となります。

これも何度も書いていることですが、我が家の前の県道は凍結しますから、事故が必ず起きます。それほど急なカーブでもないのですが、微妙に路面に傾斜があることでそうなるみたいです。以前、親亀の背中に子亀、子亀の背中に孫亀が乗った事故が起きたことがあります。道と田圃の間に側溝があるために起きた珍事です。

学校統廃合問題

[ 2017年12月4日(月) ]

一般質問を14名の議員が行うとブログに書きましたが、何とその内の6名が学校の統廃合問題を取り上げておられます。かなり熱い質疑となることが予想されますが、市議会議員であることを自覚して冷静にお願いしたいものです。

私も人のことが言えるものではありませんが、興奮して議論しても成果はあがらず、人間関係までおかしくなることがあります。前市長との質疑は、傍聴の人からすると、「喧嘩」をしているのかと思われたかも知れませんが、毎回、さっぱり噛み合わない議論を繰り広げていました。ある副市長には、「そうなことは聞くな」とまで言われましたしね。

今回は教育長が主に答弁されることになるのでしょうが、彼も熱い人ですから一定のバトルはあるでしょう。しかし、議会としての第一ラウンドは一般質問でしょうが、第二ラウンドまで進むのか、地域による温度差をかなり感じています。生徒の保護者の方々のお考えはどうなのか、ご家族の負担が増えることは間違いありません。

6名の議員の質疑を聞いて再度、この問題のことを書きたいと思いますが、子供たちに最良の教育・教育環境を提供することが教育委員会だけでなく、執行者も議会もその責任を負うものです。