明日から行政視察

[ 2018年11月13日(火) ]

所属する企画建設常任委員会の行政視察が明日から2泊3日の予定で実施されます。初日の明日は、神奈川県にある明治大学黒川農場に伺い、養液土耕栽培に関する視察研修を行います。

養液土耕栽培とは、土壌に作物を栽培し、水と肥料を溶かした培養液を、必要なとき・必要な量だけ、点滴の様にゆっくりと与える栽培方法をいいます。これは、環境保全型農業として黒川農場で研究されているのです。何故、環境保全型かというと、現在の農業は窒素多肥であり、その約半分が地下に流れ出し河川や地下水の汚染につながっているのだそうです。

2日目は宇都宮市に場所を移して、IT農業を実践されているトマト農園「絹島グラベル長嶋圃場」の視察研修と、超巨大な「道の駅 うつのみやろまんちっく村」の視察研修です。ICT農業は問題点が多く指摘されていますが、確実に広がっている農法となってきています。誰でもできる農業を目指すなら、ICT農業に活路を見出すのも一つの手だと思います。

3日目は宇都宮市役所を訪れ、「ろまんちっく村」の運営や農業振興施策について講義を受けることになっています。かなりテンコ盛りの視察となっていますが、現場に行かなければ分からないことばかりですので、大いに吸収して帰りたいと思います。しかし、2泊3日の大移動は体力的にも厳しいですね。

中山間地域の諸課題解決セミナーのご案内

[ 2018年11月12日(月) ]

12月1日~2日に開催する、「中山間地域の諸課題解決セミナー」のご案内をいたします。詳しい内容は、資料室にアップしていますので、資料室をクリックしてご確認下さい。呑気に構えていたら参加者が少し少ないので、急遽のお知らせとなりました。

今回は、地域包括ケアシステムを実践されている岡山県高梁市にある「川上医療医療センター」施設長の菅原英次氏の基調講演からスタートするセミナーとなっています。私たちの会派では昨年、東京の清渓セミナーで菅原先生の講演を始めて聞き、大変感動し、今年は高梁市に先生を訪ねて更に研修を重ねて今回のセミナーへと繋がった次第です。

資料室に、川上医療センターの視察研修の報告書をアップしていますのでご一読いただければ、「川上方式」が少し理解していただけるのではと思います。2日目は、中国新聞文化部デスクの平井敦子氏にコーディネーターをお願いし、備北保健所長の川井氏、高梁市に厚労省より来られている土岐氏、菅原先生によるパネルディスカッションを企画しています。

福祉現場で活躍されている皆様にも絶対に有益なセミナーと考えますので、急遽ではありますが、ご参加の検討を宜しくお願いいたします。紙ベースだけでは判断できないという方は、私に直接、メールか携帯でお問合せ下さい。E-mail QYC04464@nifty.com 携帯は 09089972881です。

愉快な仲間たち

[ 2018年11月10日(土) ]

昨夜は、「八谷文策氏の叙勲を祝う会」を会派の仲間で行いました。八谷さんとは12年間、議員活動を共にした仲間ですので、会派「きずな」としても大変名誉なことであり、全員で喜びを分かち合いました。

受章を知って直ぐに、「祝いをしよう」ということで会派の4人で相談したら、「会派として手作りでやろう」ということになりました。会派では何事かある時には私の事務所に集まって、焼肉をしたり鍋を囲んだりしていますので、いつも通りの家族を加えての祝う会を行った次第です。普段はお酒を滅多と飲まない文策ですが、昨夜は少しだけ日本酒を召し上がっていました。

会派「きずな」は、文策さん、徳永さん、五島さんと私の4人で結成し、文策さんの引退後は桂藤さんが仲間に加わりました。ご存知の通り、桂藤さんは亀井先生の地元秘書でしたので旧知の仲と言うことから何の違和感もなく一緒に活動しています。実は、文策さんが桂藤さんを後継指名したのです。(これ、本当の話)。

しかし、昨夜は本当に盛り上がりました。徳永さんがフライヤーを持ち込みでイカを揚げたのですが、これが美味しかった。そして、サプライズで甘いもの大好きの文策さんに特製ケーキを披露すると大喜び!ケーキに載っていた「愛する文策さんへ」というプレートを記念に持って帰られましたが、孫に食べられたことでしょう。

要望活動

[ 2018年11月9日(金) ]

昨日は道路関係の要望活動で1日移動の連続だった。朝一で、庄原の北部建設事務所庄原支所に行き、次は国土交通省中国地方整備局三次河川国道事務所に行きました。午後からは広島県庁に行き、最後が国土交通省中国整備局でした。

国道432号と国道314号の早期全線開通を要望したのですが、理解できなかったのは、「中央に要望をお願いします」という県や国の役人の言葉でした。陳情行政と良く言われるが、どうも、陳情しないと予算も付きにくいということらしい。市長も一緒だったのだが、我々は大きな動きの中の歯車ということです。

いつからこういうやり方が出来上がったのか分からないが、地方のことは地方でないと分からないからかも知れない。昨日の陳情の案件は、複数の市町や県を通っている国道だったので、関係する市町の首長や議長などが最後の国土交通省中国整備局に集合していた。更に今日、市長は国土交通省(東京)で要望活動を行っている。

要は、31年度予算の獲得合戦な訳ですが、財務省の文章を見せて、「厳しいです」ということを言う国の役人もいました。つまり、「だから、頑張って陳情して下さい」ということなんだそうですが、それはあなた達の仕事でしょと私は思いました。そして、最大のハードルは、「災害復旧が最優先」ということでしたが、マンパワーの絶対数が足りないという現実があります。

少し風邪気味

[ 2018年11月6日(火) ]

昨日、お袋をかかりつけ医に連れて行ったら、待合室が満杯。皆さん何やら記入しているではありませんか。その正体は、インフルエンザ予防注射の申込書でした。我がお袋様も予約を入れていたのを忘れていました。

実は私も昨日辺りから喉が少し痛く、時々咳も出る様になりましたので、薬局で栄養補給ドリンクと薬を買って飲み始めたところです。ふるさと祭が暑かったので汗をかいたことが良くなかったのか分かりませんが、この季節は朝晩の温度差が相当にありますので、体調には十分注意しなければなりませんね。帰宅したら、手洗いとうがいを必ず行いましょう。

待合室での患者さん同士の会話を聞いていますと、「孫が学校から風邪を貰って帰ったら、家族が順番に風邪をひいていきます」には変に納得できました。つまり、その方はどうも4人の孫がいるみたいですので、手の打ちようがないと言うことだと理解しました。とはいえ、風邪は万病の元といいますから、甘く考えないことです。

私は2年連続でインフルエンザになっていたので、昨年は予防注射を打ちました。今年も日赤で打ちますが、絶対にインフルエンザにかからないということではないと医師から言われました。経験した人はお分かりでしょうが、あの高熱が大変なんですね。薬を飲んでひたすら横になって回復を待つしか手はありません。