心配です

[ 2019年12月7日(土) ]

13日に行う一般質問の聞き取りを行っているのですが、聞き取りではなく、逆に私が質問の手順というか答弁の仕方などを指導する様なへんてこりんなことになったりしています。どうしてこんなことになっているのでしょう。

職員の皆さんが、「宜しくお願いします」と口を揃えて言うのですが、厳しい質問はしないで下さいということだと思います。冒頭に書いたように、一般質問が成立しない雰囲気を感じる課がいくつかあります。一般質問は、先ず、私が質問します。次に、市長答弁があります(踏み込まないありきたりの答弁)。そして、一問一答による丁々発止の議論がスタートします。

問題は誰が答弁書を書いたのかなんです。大抵は係長が書くと聞いていますが、ものによっては課長が書きます。庄原市議会では答弁は担当課長が行いますので、「私が責任をもってやります」なんてことはあり得ません。ここまでは、セレモニー一般質問で、更なる課題解決について質すと、殆ど理解していない部長や副市長が答弁に立ちます。

一般質問は議事録が残されますので、執行者の「約束」はまずありませんが、議員は何とか「約束」を取り付けようと努力します。しかし、そんな茶番劇は、執行者から依頼された「やらせ質問」では時にあります。自分たちがやりたいことに対して、「同意」を求めるもので、「〇〇再開発は必要と考えるがどうか?」なんか質問した議員がいたよな。

一般質問は喧嘩する場ではなく、執行者の政策や施策に対して、市民目線での妥当性などを検証する場でもあります。だから、同じテーマで1年に1度は質問を繰り返すこともあります。繰り返すということは、応援か中止のどちらかといえます。一般質問を議場やネットで傍聴されている皆さんはお分かりと思いますが、セレモニーで終わる質問では進歩がありません。

勉強会でした

[ 2019年12月5日(木) ]

昨日は社会福祉協議会主催の「みんながつながる」勉強会がありました。講師は、過疎地の人口問題スペシャリストと言ってもいいかな?藤山浩さんです。彼に初めて出会ったのは、神石高原町であった「サポート人ネットワーク」でした。

それからは年に1度は彼の話を聞いていると思いますが、彼はドンドン進化していっています。彼の強みは、データを駆使して処方箋を示すことです。昨日は庄原市内の全ての自治振興区の現在の人口を多面的から分析し、何もしない場合の将来予測、何組の移住者を迎え入れればという将来予測をされました。何も手を打たなかったから、かなりの自治振興区が消滅の危機となります。

具体的に示され、「かなりやばいですね」ってやんわりと言われますと、何も言えない状態になります。地元の敷信自治振興区は市内で唯一人口が増えているところですが、将来的に万全ではなく、年間9組程度の移住者の受け入れを続けていけば現在とそれほど変わらない状態が保たれるという見立てでした。私は更に自治会単位で予測を立て、対策を立てれば万全と思います。

自治振興区名は出せませんが、かなり厳しい指摘を受けたところもありましたが、人を呼び込めと言われても何をどうすればよいのかという処方箋は言われませんでした。当たり前の話ですが、先ずは自分たちで考えてみることから始める必要があります。除雪機を宝くじの補助金で整備しましたが、今でもバリバリ活躍している機械はあるのでしょうか。

これまでできていたことが確実にできなくなる時代がきています。除雪機を操作する人がいなくなります。冬季安心住宅だけではカバーできない数の高齢者がへき地で暮らしておられます。実の親でありながら、「ほっといてくれ」「あんたらあ、何ができるんなら」って言わざるを得ない子どもの苦しさもあります。

令和元年第5回庄原市議会定例会

[ 2019年12月3日(火) ]

今日から12月議会が始まりました。ある議員が私に、「会派5人が連続して、『庄原いちばんづくりの検証について』一般質問するみたいだが、庄原市議会始まって以来の出来事じゃないか」と言ってきました。

私たちの会派はそれぞれが好き勝手に一般質問することはなく、会派での活動方針に沿って質問をしてきていますので、別段変わったことをするという気持ちはありません。ただ今回は、市長も議員も残り任期が1年4ヵ月となりましたので、「庄原いちばん」の成果と課題を徹底検証して残り1年の予算編成に反映できればと考えています。

ということで、各議員の得意分野を執行者にぶつけます。森林関係や比婆牛関係は徳永議員という感じです。桂藤議員は、オール庄原体制による人口減少対策についてあらゆる角度から迫ります。持ち時間30分では無理かなと彼は言っていますので、ご期待下さい。五島議員は、中小企業振興対策や技術革新による産業モデルの構築等について質します。

私は「にぎわいと活力」のいちばんで、本市の未来像を見据えた「グランドデザイン」を描くとありますが、絵に描いた餅では終わらせないと釘を刺すつもりです。最後の山田議員は、比婆いざなみ街道物語の成果と課題について質すこととしています。質問通告を全て書くことはできませんが、議会のHPを貼り付けておきますので、ご覧下さい。

12月13日の午前10時から会派「きずな」の一般質問が始まります。「庄原いちばん」を皆さんと一緒に考えてみたいと思いますので、奮って傍聴においで下さい。

茨城県日立市

[ 2019年12月2日(月) ]

今日のタイトルは何のこと?って思われているでしょうが、昨日のNHKのど自慢が茨城県日立市からだったのです。のど自慢は全国各地から生中継されていますが、昨日の日立市の出場者の皆さんは輝いていました。

毎週欠かさずNHKののど自慢を見ていますが、昨日の日立市は全員が自信にあふれており、歌が上手というだけでなく、まちに誇りを持っている様に感じました。家内とも話したのですが、「住みやすいまちに違いない」という結論になりました。日立市は、総合電機メーカー日立製作所の創業の地として知られていますが、人口の半数近くは日立製作所の関連の職員だそうです。

何でこんなことを思い、書いているかですが、のど自慢を見ているとそのまちの様子が分かる気がします。企業城下町だけでなく、北海道の酪農が盛んなところや農業地帯、漁業の盛んなまち、リンゴなどの果実栽培の盛んなまち等、どうしてかは分かりませんが、そんなまちに住む人たちは元気で輝いて見えるから不思議です。

書きながら思い出しているのですが、家族のことを愛していると、すらりと言える出場者が多かった様に思います。そして、出場者同士が和気あいあいで、合格の鐘がなると自分のことに様に喜んでいました。色々な要因はあるのでしょうが、安心して暮らせる環境があることで、すべての満足度が高いのだと思います。

今日のブログの内容は私の勝手な基準で書いたものですが、会派で訪れた北海道の中標津町も輝いていましたね。自分たちのまちに自信が持て自慢できる人を増やす政策や施策を私たちも考えていかなければなりません。

転載させていただきます

[ 2019年11月29日(金) ]

廿日市市長選で残念な結果に終わった川本達志さんがFacebookに書かれていたものを転載させていただきます。彼の何ともやるせない気持ちを思うと、他人ごとではありません。

◎投票率はこれからも下がり続けるのか。(長文です)

廿日市市長選挙の投票率は、44.66%でした。4年前は、48.70%。4%弱も下がってしまいました。

このまま4%ずつ下がり続けるとすれば、いつかゼロになる?

なぜ、そんなに下がってしまうのでしょうか。理由はいくつか考えられるでしょうが、要するに市政に関心がないということでしょう。

今年10月の市長選では、商工会議所及び各商工会の皆さんが、討論会を開催しました。政策中心の選挙で、投票率を上げることが目的だったはずでしたが…。

もちろん、立候補した人物(特に私)の言葉に魅力がなかったのでしょう。もっと面白いものにしていれば、より注目度も上がったでしょうから、候補者の責任は大きいと思います。

ただ、ざっと4つの会場に来られた方々のお顔ぶれを見た時(舞台上からはよくお顔が分かります)、後援会活動等で顔見知りの皆さんが、多かったように思います。

要するに、討論会も政治活動の一環になっている以上、元々市政に関心ない人は来ないということです。関心のない彼らに来てもらって、投票所に足を運んでもらってこそ投票率は上がるわけです。彼らが来ないのでは、投票率が上がるはずがありません。

ここで、誤解のないように言っておきますが、討論会は非常に意義あるものだと思います。私も万全の準備をし、正しいと考えることを堂々と述べることができました。一つの選挙で4回開催したことも画期的なことでした。

しかし、目標であった、市政に関心を呼び、投票率を上げることには寄与できなかったわけです。

これは、例えば、買ってもらいたいモノをより身近により見やすくショーウィンドウに並べてみたけれども、店先を通る多くの人々の興味関心を獲得できなかったということになるのでは、と思います。

どうすれば、より多くの人が、特に若い人たちが、ショーウィンドウを見て、店内に入って来てくれるのでしょうか。

ちょっと話は外れるかもですが、芸人キングコングの西野亮廣さんをご存知でしょうか。

西野さんは、「えんとつ町のプペル」という絵本で爆発的なヒットを飛ばした絵本作家であり、国内最大の3万人を超えるメンバーが参加するオンラインサロン(月額1000円会費)を主宰するタレントさんです。

最近、彼をフォローし始めたのですが、彼がやってることはエンターテイメントですが、より多くの人に、絵本や彼が提供するサービスを購入してもらわなければ成立しません。

その点では、彼は成功者です。彼は自分に関心を持ってもらうこと、徹底してファンを作るということをしているように思います。オンラインサロンで、渋谷のハロインの後のゴミ拾いを呼びかけたり、地方の街で直接会うイベントを企画したり、絵本は無料公開したりという、これまでの常識に囚われない行動をして若い人の支持を広げています。絵本は、舞台になり映画にもなります。

また、彼の書くビジネス書もベストセラーになっています。彼は言います。今や、どのお店に行ってもそこそこ美味しいものが提供される、自分の店に来て欲しければその店に来るプラスアルファの「理由」が必要だと。

さて、選挙の投票はどうでしょう。このファンを作る、理由を作るということが参考になるような気がします。

自分の街が好きでたまらない人は、この街のリーダーを決める選挙に無関心ではいられないでしょう。また、投票に行く理由が具体的で明確にあれば、時間を割いて投票に行くはずです。

投票は国民の義務だ、と声高にいったって何の効果もないのです。エンターテイメントのように、楽しいものとして興味を持ってもらうこと、街をとにかく好きになってもらうことが必要なわけです。そのためには、仕掛けが必要です。

投票に行く理由については、友達がいくから、というのがいいんじゃないかと思います。

投票に行った人には、地元で使えるポイントを付与するけど、友達と二人で行った人には倍のポイントを付与するとかどうでしょう。

市民の雑談に、日頃から市政のことが話題になっていることも大事ですよね。そのためには、市長や市議会議員がもっと、市民の前に出てきて、自分のやりたいことや問題になっていることについて分かりやすく話題提供する必要があるんじゃないかと思うのです。

市長の記者会見は、定期的にやるのかな?せめてそこから始めて欲しいですね。議員はもっと積極的に発信してもらいたい。ブログを毎日書くこととから始めてほしい。

日頃から選挙のことを意識してもらうように、全国の首長選挙や議員選挙の投票率を、実施されるたびに市民に公表して、うちより高いか低いのかを知ってもらう、こととかもどうでしょう。ちょっとした自治体同士の投票率バトルです。

また、選挙にもいろんな人が立候補して関心高める方がいいでしょう。N国はどうかと思いますが、若い人がもっと積極的に立候補しないと若い人の投票率も上がらないように思います。

何かこれっていう決定打はないとは思いますが、関心は持ち続けたいと思います。

何か面白いアイデアがあったら教えてください。