「還暦を迎えて自分の健康について真剣に考える場面に遭遇した」と書いたのは、
今から2年半前の同級生との宮島1泊旅行の時でした。(2017年4月20現在)
「ほぼ全員が薬を取り出して飲み始めたのだ」、「聞けば、皆、同じような
症状だということも分かった」。そこで私は決心しました。
もう一度、健康体を取り戻そうと。

かなり固い決意と受け取れる内容ですが、結果は、ユルキャラそのもので、
悲惨な「脱メタボときどき日記」となっています。
しかし、書き始めた訳ですから、これからも公開していきます。

定期診療

[ 2018年3月9日(金) ]

今日は庄原赤十字病院の定期診療日でしたが、「今日は林さんに伝えることがある」って先生が真顔で言われるので、「ついにきたか」と覚悟を決めると、「A1cが7.5になったので、何とかしないといけないね」って言われました。

検査数値は全体的に下がっておりA1cの値のみが上昇していました。私には理由は分かりませんが、どうしてなんでしょう。鼻血が良く出るので耳鼻咽喉科も受診したのですが、どうも花粉症とも関連があるみたいで、花粉症の薬を飲んで鼻をいじらない様にという診断が下されました。洗顔も鼻は洗ってはいけないそうです。

そして内科に戻って、大腸ポリープ切除の日程を話し合い、今月末に1泊入院で内視鏡での手術を受けることになりました。1回では取り切れないので、様子をみながら2回に分けて切除することになります。手術は内視鏡ですから難しいものではありませんが、下剤をかけて大腸を空っぽにする作業が大変なんです。強制的ですからね。

今日も多くの知り合いに会いましたが、患者さんの数は少し少なかった様に感じました。先ほど、母親を連れて定期診療で開業医に行ったのですが、ここも患者さんは少なかったです。つまり、本当の意味の高齢者の患者さんが今日は家から出たくなかったのか、連れて行く人が忙しかったのかのどちらかだと想像します。

こんなアホみたいな内容のブログを平気で書いている私ですが、野菜ファーストは徹底しています。

半断食

[ 2017年12月22日(金) ]

暴飲暴食で弱った内臓を少しでもいたわるために、今日は、「半断食」をしています。内容は、朝食と昼食を抜くというものです。食べたものが消化されるには18時間かかるということで、逆算すると私の場合、夕食だけで十分となります。

色々なやり方があるみたいですが、お手軽にできるのが私の採用した「半断食」なんです。特別なことは何もなく、夕食は何を食べても飲んでも構わないという、凄くええ加減なものなんです。私の場合、胃は全く休む間もなく働いています。少しは消化したぞと思うと、次の食事が運ばれてくる訳ですから、たまったものではありません。

体重増加もありますし、胃の調子も悪いこともあり、「半断食」開始です。4年前には胃潰瘍で入院していたのですが、あの時は大変でした。内視鏡での手術だったのですが、腕が悪いとは言いませんが、同じことを3度もしたのです。私は非常に神経質で、これまで胃潰瘍を何度も患っていますが、ひどい時は、一晩で胃に穴が開いたこともあります。

結局、胃の粘膜が流れ落ちるのかどうか知りませんが、胃の壁が薄くなっているみたいです。ですから、あまり刺激の強い食べ物を食べてはいけないのですが、ついつい、食べるから困ったものです。「半断食」を何日続けるか分かりませんが、胃の具合が良くなるまでは続けようと考えています。胃薬で何とかなるかと飲んでいましたが、根本的解決にはなりませんでした。

命を懸けて飲みますか?

[ 2017年12月8日(金) ]

今日は庄原赤十字病院内科の定期診療でしたが、診察室に入るなり私から、「先生、最悪です」と口を開いたので、先生は笑うしかないという表情をされ、「林さん、う~ん」と、唸られました。

どうしよもない患者ですが、見捨てないで下さいという他ありません。「酒を飲まなければ全て正常値に戻ります」と先生は言われるのは良く理解しているのですが、どうしても禁酒は続きません。確かに飲み会が続いているのは事実ですが、飲み過ぎなければ良いのですが、飲みだしたらノンストップでアクセル全開となります。

このままでは重大な疾患を患う可能性が高くなるということを医師は私に告げるのですが、どうにも意志薄弱な私は禁酒に舵をきれないのです。冗談でこんなことを書いているのではないのですが、皆様に迷惑をかける結果にならない様にしなければなりません。要は、自覚が足りないのですから、解決策は自ずと分かるはずですし、解決しなければなりません。

定期診療

[ 2017年11月10日(金) ]

ほぼ4週間に1度、庄原赤十字病院内科で定期診療を受けています。毎日、血圧・脈拍・体重・歩数を記録して内科の担当医に見てもらうのですが、「運動不足ですね」って今日も言われてしまいました。

無呼吸症候群は、CPAPを装着して寝る様になってからは改善されたそうですが、患者がマスクや管をメインテナンスするというのは理解できません。機械を私が購入しているなら、手入れは当たり前ですが、在宅医療として請求されていますからね。しかし、この機械は優れものであることは間違いありません。いびきは全くかかなくなり、心臓疾患等のリスクも低減しました。

今日も多くの日赤友の会の会員に会いました。私とほぼ同じ体形をしたIさんの検査数値と私の数値は、体形に似てほぼ同じでした。担当医も同じですが、言うことを聞かない患者1号と2号だと思います。彼の問題も肥満です。Sさんも少し太った感じでしたが、寒くなって家の中で過ごすことが増えてからかなと言っていました。

どなたかが、「諸悪の根源は肥満です」と言われましたが、正にその通りだと自分で納得しています。Uさんは、不摂生により、「病は突然にやってきた」と言っていましたが、私も他人事ではありません。今日は、インフルエンザ予防接種を受けました。昨年、一昨年と2年連続してインフルエンザになりましたので、今年こそはで予防接種を打ちました。

定期診療

[ 2017年9月15日(金) ]

今日は庄原赤十字病院の定期診療の日でした。いつも通り診察室に入ると、今日こそは言うぞという雰囲気のM医師が口を開きました。数値が高止まりしているという説明をされた後、「林さん、禁酒ですね」と、ついに宣告されました。

私が痛風になったり、体重が一向に落ちず逆に増加していることなど、総合的に判断しての「禁酒」宣告だそうです。しかし、私の仕事内容や性格も理解されており、「外での付き合いまでは言いません」ということになりました。私もそろそろかなと感じていましたので、「はい、分かりました」と、家での飲酒はしないことに同意した次第です。

考えてみれば分かることですが、誰のためでもなく、自分の健康のためですから遅きに失した判断とも言えます。以前のブログにも書いていますが、庄原赤十字病院には過去の私のデータが全て残されており、お酒を止めれば全ての数値が正常値に戻ることが分かっているのです。M医師は出来るだけ薬に頼らない医療を心掛けておられる医師でもあります。

短期間で直ぐに改善されるものではありませんが、これからは今まで以上に野菜中心の食事にしなければと思います。奥さんに、「禁酒」じゃというと、「それみんさい」という一言でした。先ずは減量ですが、足の問題もあるので、カロリー計算から始めたいと考えています。体重や脈拍など毎朝レコーディングしていますので、食べたもののレコーディングにも挑戦です。