「還暦を迎えて自分の健康について真剣に考える場面に遭遇した」と書いたのは、
今から2年半前の同級生との宮島1泊旅行の時でした。(2017年4月20現在)
「ほぼ全員が薬を取り出して飲み始めたのだ」、「聞けば、皆、同じような
症状だということも分かった」。そこで私は決心しました。
もう一度、健康体を取り戻そうと。

かなり固い決意と受け取れる内容ですが、結果は、ユルキャラそのもので、
悲惨な「脱メタボときどき日記」となっています。
しかし、書き始めた訳ですから、これからも公開していきます。

命を懸けて飲みますか?

[ 2017年12月8日(金) ]

今日は庄原赤十字病院内科の定期診療でしたが、診察室に入るなり私から、「先生、最悪です」と口を開いたので、先生は笑うしかないという表情をされ、「林さん、う~ん」と、唸られました。

どうしよもない患者ですが、見捨てないで下さいという他ありません。「酒を飲まなければ全て正常値に戻ります」と先生は言われるのは良く理解しているのですが、どうしても禁酒は続きません。確かに飲み会が続いているのは事実ですが、飲み過ぎなければ良いのですが、飲みだしたらノンストップでアクセル全開となります。

このままでは重大な疾患を患う可能性が高くなるということを医師は私に告げるのですが、どうにも意志薄弱な私は禁酒に舵をきれないのです。冗談でこんなことを書いているのではないのですが、皆様に迷惑をかける結果にならない様にしなければなりません。要は、自覚が足りないのですから、解決策は自ずと分かるはずですし、解決しなければなりません。

定期診療

[ 2017年11月10日(金) ]

ほぼ4週間に1度、庄原赤十字病院内科で定期診療を受けています。毎日、血圧・脈拍・体重・歩数を記録して内科の担当医に見てもらうのですが、「運動不足ですね」って今日も言われてしまいました。

無呼吸症候群は、CPAPを装着して寝る様になってからは改善されたそうですが、患者がマスクや管をメインテナンスするというのは理解できません。機械を私が購入しているなら、手入れは当たり前ですが、在宅医療として請求されていますからね。しかし、この機械は優れものであることは間違いありません。いびきは全くかかなくなり、心臓疾患等のリスクも低減しました。

今日も多くの日赤友の会の会員に会いました。私とほぼ同じ体形をしたIさんの検査数値と私の数値は、体形に似てほぼ同じでした。担当医も同じですが、言うことを聞かない患者1号と2号だと思います。彼の問題も肥満です。Sさんも少し太った感じでしたが、寒くなって家の中で過ごすことが増えてからかなと言っていました。

どなたかが、「諸悪の根源は肥満です」と言われましたが、正にその通りだと自分で納得しています。Uさんは、不摂生により、「病は突然にやってきた」と言っていましたが、私も他人事ではありません。今日は、インフルエンザ予防接種を受けました。昨年、一昨年と2年連続してインフルエンザになりましたので、今年こそはで予防接種を打ちました。

定期診療

[ 2017年9月15日(金) ]

今日は庄原赤十字病院の定期診療の日でした。いつも通り診察室に入ると、今日こそは言うぞという雰囲気のM医師が口を開きました。数値が高止まりしているという説明をされた後、「林さん、禁酒ですね」と、ついに宣告されました。

私が痛風になったり、体重が一向に落ちず逆に増加していることなど、総合的に判断しての「禁酒」宣告だそうです。しかし、私の仕事内容や性格も理解されており、「外での付き合いまでは言いません」ということになりました。私もそろそろかなと感じていましたので、「はい、分かりました」と、家での飲酒はしないことに同意した次第です。

考えてみれば分かることですが、誰のためでもなく、自分の健康のためですから遅きに失した判断とも言えます。以前のブログにも書いていますが、庄原赤十字病院には過去の私のデータが全て残されており、お酒を止めれば全ての数値が正常値に戻ることが分かっているのです。M医師は出来るだけ薬に頼らない医療を心掛けておられる医師でもあります。

短期間で直ぐに改善されるものではありませんが、これからは今まで以上に野菜中心の食事にしなければと思います。奥さんに、「禁酒」じゃというと、「それみんさい」という一言でした。先ずは減量ですが、足の問題もあるので、カロリー計算から始めたいと考えています。体重や脈拍など毎朝レコーディングしていますので、食べたもののレコーディングにも挑戦です。

今日は三次中央病院

[ 2017年9月14日(木) ]

今から3年前に結構高い場所から落ちたことがあります。その時に右足のかかとを嫌というほど打ち暫く痛かったので、中央病院の整形外科でレントゲンを撮って診てもらいましたが、「異常なし」でした。

近頃、体重が1㎏増えたことが影響したのか、痛風が影響したのか、歩行が困難なほど、かかとが痛くなってきました。1年位前からかかとに突起が現れ靴を履くのも痛い時がある様になりました。ついに意を決して、三次中央病院の整形外科を受診したのですが、レントゲンも撮りましたが、「良くあることです。治療はありません」という一言で終わりました。

「痩せれば治りますかね」というと、「そういう問題ではなく、首から背中、腰から足にかけて、一種の筋が硬くなっているので、ストレッチやマッサージをして下さい」とアドバイスを受けました。私はどうすれば良いのでしょうか。先ずは、体重を落とすことが一番だと思います。次は素人考えですが、痛風による痛みもあるでしょうから、痛風の原因を取り去るですね。

「もう聞き飽きた」と皆さん言われることは重々承知の上で書いているのですが、明日は庄原赤十字病院の定期診療の日です。担当のM医師に会わす顔がありませんが、どうしましょう。M先生、見捨てないで下さい。お願いです。

本当に困った患者です

[ 2017年8月18日(金) ]

庄原赤十字病院のM医師にはご迷惑をお掛けしています。約束しても約束しても約束を破り、困った患者で御免なさい。諸悪の根源はメタボの私なんですが、お酒を控えることもなく、痩せる努力も長続きせず、「今度は頑張ります」と言い続けてます。

今回の検査数値は、お盆の影響でアルコール関係のものは少し悪くなっていますが、全体的はいつも通りみたいです。今日も先生が、「林さん、お酒を飲まないということにはならんかね」と子供を諭すように言われましたが、私もどう答えたら良いのか悩みましたが、「努力します」って誤魔化してしまいました。

医療費を払いながら健康維持をしているというのが正直なところですが、言い訳ではありますが、薬は極力、減らす方向でM医師と相談しながらやっています。使い始めたCPAPの効果は絶大で、血圧も安定してきました。心筋梗塞や脳梗塞になる可能性はゼロにはなりませんが、かなり改善してきています。先生曰く、「これで体重が落ちればなあ~」。

本当に書きながら思うのですが、「ふざけた患者」と言われても仕方ありません。しみじみと先生が、「林さんを1年近く診てきたら、救急車で運ばれくるなんてやめましょうね」って。前にも書きましたが、庄原赤十字病院には私の過去のデータが全て蓄積されており、どうやったら健康体に戻れるかという記録も残っているのです。

こんな呑気なブログを書きまして、申し訳ございません。