「還暦を迎えて自分の健康について真剣に考える場面に遭遇した」と書いたのは、
今から2年半前の同級生との宮島1泊旅行の時でした。(2017年4月20現在)
「ほぼ全員が薬を取り出して飲み始めたのだ」、「聞けば、皆、同じような
症状だということも分かった」。そこで私は決心しました。
もう一度、健康体を取り戻そうと。

かなり固い決意と受け取れる内容ですが、結果は、ユルキャラそのもので、
悲惨な「脱メタボときどき日記」となっています。
しかし、書き始めた訳ですから、これからも公開していきます。

定期診療でした

[ 2019年4月5日(金) ]

今日は庄原赤十字病院での定期診療の日でした。担当の舛田先生も、「う~ん」と唸って、「数値は同じじゃね」と一言。酒は控えない、運動はしない、どうにもならない不良患者の私も、「申し訳ない」と心でつぶやいているのです。

今日も多くの知り合いに待合室で会いました。内科の待合室ですから、ほぼ同じ症状だということは想像できます。その中の1人が、「婦人科以外は全て受診している」と仰いましたが、そんな患者さんは沢山いらっしゃいます。総合病院というカテゴリーの病院は無いそうですが、診療科が多いと複数科受診が当たり前になるみたいです。

町医者となると、そうはいかず、何でも診察しなければなりません。総合病院はそれぞれの診療科の専門性が高いのでしょうが、町医者は1人で、総合医と言えます。しかし、この総合医さんは患者との信頼関係は抜群で、大袈裟さも知れませんが、先生に命を託しています。しかしながら、庄原市では町医者がドンドン減っていっているのが現実です。

医療に対する考え方ですが、私の知っている町医者は投薬を極力しない方針みたいです。しかし、庄原赤十字病院は新薬をバンバン出します。どちらも、それなりの理由があるのでしょうが、総じて医者は薬を飲みません(個人的感想です)。高校時代に町医者に下宿していたのですが、家族が薬を飲んだのを見たことはありません。

定期診療でした

[ 2019年1月25日(金) ]

今日は庄原赤十字病院での定期診療日でしたので、いつもの様に、血液検査を受け、循環器内科と内科を受診して帰って来ました。HbA1cが先月と同じ6.9でしたが、6.6まで下がってくれれば薬も無くなると思います。

体重も87~88㌔で安定しているのですが、85㌔を目標にして頑張れば自動的にA1cも下がるのではないかなと思っています。運動らしい運動ができていないので、食事の前には必ず野菜を沢山食べる様にしています。このベジタブル・ファーストが思いの外、体重増加を抑制しているみたいです。担当医も、色々やったけど野菜が一番だねって言っています。

しかし、年末年始の会合が続いた関係からか、G-GTPとTG中性脂肪が増えていました。間違いなく、お酒と食事が原因です。飲まなければ良いし、食べなければ良いのでしょうが、中々そういうことにはならない私です。ただ、言い訳がましいことを言わせていただくと、お酒の量は昔に比べればかなり減りましたね。(昔が異常だったのかも知れません)

今日も待合室で多くの知り合いに会いましたが、全員、私と似たような数値の方々でした。こういう仲間を称して、「日赤友の会」と勝手に呼んでいるのですが、中々、会から脱会できない人たちばかりでもあります。今朝は氷点下になり寒かったので、待合室はいつもより少なかったです。無理をして移動するよりは暖かい部屋にいる方が身体には優しいのではないでしょうか。

体調がほぼ戻りました

[ 2018年10月21日(日) ]

大腸ポリープを内視鏡で切除して5日目ですが、2回目ということもあり体調の戻りも早いみたいです。前回は術後に少し問題が発生したのですが、今回は教訓から予防的措置を早めに取りましたので順調です。

お腹を切り開いて手術することを思えば内視鏡を使っての切除手術は身体への負担も少なく回復も相当に早いですね。ポリープの大きさにもよるみたいですが、昔は1㎝以下でないと内視鏡では無理みたいな感じで言われていましたが、今は大きな梅干し程度までなら内視鏡で切除できるみたいです。ただ、傷口が大きくなりますので養生が大切です。

手術の前日から禁酒しているのですが、6日間でお腹周りが少しだけ凹みました。今日はカッターシャツにネクタイだったのですが、首回りも少し細くなったみたいでボタンが留まりました。結局、お酒を飲むと食べ過ぎるので、食べる=太るという悪循環に陥るのだと思います。さあ、どうやってこの悪循環を断つことができるでしょうか。(禁酒せずに)

と言いながら、もう1回、ポリープを取らなければならない訳ですから、生活習慣の改善が必要です。薬で数値を下げるのではなく、摂生することで正常値に戻すことが重要だと思います。いつまでも若くないというか、歳を取るばかりですから、「目覚めなさい」ですね。もう少し頑張れば、ヘモグロビンA1Cも正常値内に収まりそうです。

まだ残っています

[ 2018年10月17日(水) ]

昨日から一泊入院で大腸ポリープの切除手術を内視鏡で行って貰いました。前回、3個のポリープを切除してもらいましたが、今回も3個取って貰いました。年明けには残った3~4個のポリープを取れば終わります。

以前にも書きましたが、ある先輩の一言から大腸検査をしたお陰で沢山のポリープが見つかりました。「林さん、大腸検査をうけたことがありますか」という一言でした。検査の結果、10数個のポリープが見つかりましたが、お蔭さんで悪いものではありませんでした。しかし、検査をせずにお腹に閉まっていたらと思うと、ゾッとします。

問題は、癌化するかどうかなんですね。医学的なことは良く分かりませんが、ポリープがあっても問題ない人も沢山いるのだと思います。今はオデキができる子供は少なくなったと思いますが、私はお尻や背中にオデキができやすいタイプでした。同じ検査を受けた人もオデキができやすかったと言われていましたが、因果関係は分かりません。

昨日先生が、「林さん、検査数値が良くなっているけど何かした」と言われましたので、「一昨日から京都の仁和寺に参拝にいきましたので、ご利益があったのでしょう」と言ったら、笑われていました。医師からすると検査して投薬しても一向に数値が良くならない患者が多いみたいですので、治療効果が表れたということは「何らかの成果」と言えるのでしょう。

こんな不届きな患者である私を親身に診て下さる庄原赤十字病院のM医師には、本当に感謝しています。

お別れ

[ 2018年8月17日(金) ]

辛い別れが続きます。元庄原市議会事務局 局長だったY氏(69歳)が亡くなられました。局長時代にもお世話になっていましたが、自治会長になられてからは、私の良き理解者でありアドバイザーでした。

彼は大腸癌だったのですが、私が、「胃のポリープを切除した」と言った時、「林さん、大腸の検査をしたことがありますか」と彼が言いました。「私は痔だろうと思っていたのだが大腸の検査をしたら、検査結果は悪かった」と続けられました。私はこの会話があったお陰で大腸検査を受け、ポリープを3個切除したのですが、悪性ではありませんでした。

彼の奥さんに私の大腸検査の顛末を話したのですが、「林さんは早くて良かった。うちの人は手遅れだったんです」と初めて彼の闘病について聞かせていただきました。お棺の中の彼は抗がん剤治療で頭髪が抜けた時に被っていたお気に入りのパナマ帽を被せて貰っていました。最期は病院ではなく自宅で亡くなられたのですが、彼の願いであったそうです。

ご冥福をお祈りいたします。